「女性部下が活躍する」上司は何を伝えているか

「期待」「共有」「機会付与」がやる気を引きだす

最後の「き」は、「機会付与」です。フルキャリが求めているのは、子育てしながらでもやりがいのある仕事に従事できる環境でした。都合がよいことをいっているということについてはフルキャリ本人がいちばん自覚しています。

それでも周囲の期待に応えたい、周囲の期待に応えることこそがやりがいであるとするフルキャリの仕事に対するモチベーションを、働き方に制約があるからと一律に都合よく片付けてしまうのは、もったいないのではないでしょうか。

チームメンバーのやりがいを、チームの成果につなげることこそ、マネジャーの腕の見せ所ではないでしょうか。やりがいを実感するためには、成長や貢献を実感できる機会があってこそです。

成果を出せる環境が整ってから機会付与するのではなく、機会付与をすることで成果を出す環境を早期に作り出す、そんな発想が有効だと考えます。

「ワークライフ&グロースバランス」の実現へ

フルキャリの活躍を最大限に引き出すマネジメントに重要なのは「3つの『き』」だと説明してきました。さらに、従来の「ワークライフバランス」の実現から「ワークライフ&グロースバランス」の実現へと、マネジメントの視点を明確にすることも有効だと考えます。

グロースとは、英語のGrowthで「成長」の意味で用いています。第一義的には、フルキャリ個人の「成長」のことを指しますが、個々の社員の成長の累積が事業の成長につながることを考えれば、ここでいうグロースの実現とは、社員による「自身の成長とそれを通じた組織への貢献」、つまり「成長と貢献」の実現を意味していると考えています。

もちろん、フルキャリ自身が「グロース」も含めた両立に挑戦する必要があります。フルキャリは少なくともさまざまなライフイベントが発生する前や発生直後は仕事に対する高い意欲を持っているにもかかわらず、日々の子育てと仕事との両立の中で、自分の仕事への意欲を見失ったり、過小評価したりする傾向があります。

そのような中で、フルキャリを抱えるチームのマネジャーには、フルキャリの「仕事でも自身を成長させたい」「周囲の人に貢献したい」という当初の想いを、自覚させ続ける働き掛けが求められます。

「ワークとライフの2つの両立でも大変なところ、グロースも含めて3つの両立を意識させるなんて、1.5倍頑張れということなのか」と思われる方もいるかもしれません。筆者は、その考えは必ずしも正解ではないと考えています。「グロース」を実感できることが、「ワーク」と「ライフ」の2つの両立の原動力になるのがフルキャリだからです。

むしろ、フルキャリにとっては、「ワーク」と「ライフ」の2つの両立「だけ」がうまくいくことを複雑に思っています。「グロース」への期待があり、実感があることこそが重要です。

部下であるフルキャリの「グロース」も含めて3つを両立させることは、フルキャリが、「ワーク」でも「ライフ」でも充実を感じ、それぞれでよいパフォーマンスを発揮するうえで必要不可欠だと考えます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT