チョコプラ&シャチホコが一線で生き残る理由

「ひな壇に座れる」モノマネ芸人の神髄

モノマネでブレイクした芸人たちの真価とは?(写真:週刊女性PRIME)  
IKKOのモノマネをする松尾駿、和泉元彌に扮(ふん)する長田庄平とコンビそろってモノマネ芸を披露するチョコレートプラネットに、声のみならずキャラクターまで和田アキ子に寄せにいくMr.シャチホコ。
今“モノマネ芸人”たちのブレイクが止まらない! ひな壇にロケにと、彼らがテレビに引っ張りだこな理由とは……? 『ダウンタウンDX』など人気番組を多数担当する放送作家・山名宏和が答える。

モノマネ芸人の中で今、なぜチョコプラとMr.シャチホコがブレイクしているのか。モノマネが面白いのはもちろんですが、それに加えて彼らは「ひな壇に座ることができる」芸人であるからです

モノマネ芸人の中には、フリートークが苦手だという人は結構います。それは、モノマネ芸人としては、さほどマイナスなことではありません。彼らのウリは、あくまでモノマネ。

ミュージシャンがフリートークを苦手でも何の問題もないように、モノマネ芸人にとっても、本来は何の問題もありません。

モノマネのまま“ひな壇にいられる”

ですが、テレビ出演となると話は変わります。現在のバラエティー番組の主流は、複数のゲストを招くひな壇スタイル。フリートークが苦手だと活躍できません。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

スタッフもモノマネ芸人はフリートークが苦手なことをわかっているので、意味がない限りキャスティングしようとはしません。そのため、モノマネ芸人がテレビ的にブレイクするのは難しいのが現状です。

しかしチョコプラとMr.シャチホコは違いました。

チョコプラはもともと『キング・オブ・コント』や『M-1グランプリ』でも上位に入る芸人。フリートークもいけます。モノマネはあくまで余技です。そのモノマネも、「どんだけ~!」「そろりそろり」と短いフレーズで笑いをとる一発ギャグのようなスタイル。トークの流れを阻害することはありません。これならば、ひな壇にも安心して座ってもらうことができます。

次ページMr.シャチホコがひな壇に呼ばれるようになったのは…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。