あのタワレコが「顔ハメ」の聖地でもある理由

渋谷店を中心に顔ハメパネル展示にも注力

顔ハメパネルに反応がいいのは男性よりむしろ女性、というのは私もとても頷ける。なぜなら最近「顔ハメマニア」として話題になっているのは男性マニアより女性マニアが多いからだ。インスタを見てみてほしい。女性たちがバンバン顔ハメ写真をアップしているのがわかると思う。

しかし、外国人があまり顔ハメパネルに興味を示さないというのは意外だった。通常インバウンドに顔ハメパネルは有効だと考えられており、外国人観光客が多い浅草などの観光地には顔ハメパネルが大量に設置されているのだが、「お店自体があまりに外国人観光客にとって魅力的すぎて」顔ハメパネルなど眼中に入らないというのは、これはこれで面白い発見だ。

そして、タワーレコードは顔ハメパネルをさらに進化させてしまった。

クイーンのフレディ・マーキュリーになりきることができる(写真:筆者提供)

この写真は4月17日に発売となった『ボヘミアンラプソディ』のブルーレイ・ DVDの販売促進用のものだ。

もはやパネルではなく、リアルなピアノ風の立体オブジェに座ったり、マイクやサングラスなどの小物を使ったりすることで、顔ハメパネル以上に、ボヘミアンラプソディの「世界観に没入」できる展示物になっている。

この展示は白神店長によると、「派手な展示物で効果的だった。『全然クイーンに興味がない』っていうような方でもとりあえず座っている(笑)。あと、僕が見ていたら意外と若い女性の方も多かった」ということで、本来ボヘミアンラプソディに興味を示さないような層にも非常に効果的だったようだ。

タワレコはパネルを自前で製作できる強みも

こうしたパネルなど大掛かりなものも含めて、顔ハメパネルをはじめとする展示物にタワーレコードが強いのは、自社に「アートデパートメント」を抱えていて、自前でパネルなどを製作できてしまうことがあり、しかもメーカーとのコラボやメーカー持ち込みのパネルについても「圧倒的な売場面積の広さ」が強みとなって、オファーが他店より来やすいのだという。

クイーンの世代ではない若い女性にも反応は上々だったという(写真:筆者提供)

結果、自社製作したものも持ち込み・コラボのものもタワーレコードに集まってくるので、顔ハメパネルの「聖地」となったのだ。

実はアーティストの顔ハメパネルは集客効果こそ大きいが、作るには「アーティストの顔に穴を開けなければならない」という大きなハードルがある。

そのため、顔ハメパネルではなく単なる等身大パネルになってしまうことも多い。

われわれマニアからすれば、「なぜそこに穴を開けないんだ!」と悔しい思いで等身大パネルを見つめることも多いのだ。そんな厳しい状況の中でも、これからもタワーレコードにはぜひ、面白い顔ハメパネルを作り続けて、「聖地」として君臨し続けてもらいたいと切に願う。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。