トヨタ「世界一のスポーツカーメーカー」への道

あのポルシェを超えるために必要なことは?

もちろん、簡単ではない。それこそ人は“首根っこ捕まえて引きずり回しても”、本人が自覚しない限りは変わらないからだ。

「大きなトヨタ自動車から来たメンバーと、TMGとモータースポーツ部をひっつけたのが今の技術領域で、この中でGRスーパースポーツコンセプトを作ろうとしているんですよ。でもね、そんなうまいこといくわけないでしょ。今、苦しんでいるんですよ。毎月毎月、いろんなところで火花散らしていて、でも『おー、火花散らしとるなあ、これをオレは待っていたんだよ』と思って、それを見ています(笑)」(村田氏)

自分で見えてるところは限られている

そういう失敗や波風がなくて、するっとできるわけがない。

「そんな簡単にできるんだったら、今もトヨタはすごいスポーツカーをいっぱい持っていますよ。豊田綱領を読んで、豊田佐吉の言葉『障子を開けてみよ、外は広いぞ』を暗唱していたかもしれないけど、、これが現実なんだぞって話を今、してます。自分ひとりで見えてるところは所詮限られているということを自覚して生きていけば、絶対オレらは世界一のスポーツカーカンパニーになれると。だけど、しんどいよって。やってる最中」(同)

「しかも、世界一のスポーツカーカンパニーになるなんて大ボラを成し遂げようとしたら、10年も20年も、ずっと今の戦闘力、今の思い、熱情を保ち続けないといけない。それを実現しようとすると、5歳おき、あるいは10歳おきにリーダーになれるような人材を育てていかないと、結局組織自体が弱体化するので、そういうようなレイヤーを育てる努力も求められますね。そういう、駅伝のタスキをつないでいく連鎖こそが、伝統だったり、ブランドということなんだろうと思っているので、いま一生懸命それはやっています」(同)

世界一のスポーツカーメーカーへの道は、もちろんそんなに簡単なものではない。時代も変わっている。レースで勝ち続けるだけで世間に価値を示し続けられるのかどうかも微妙だが、しかしトヨタには少なくともハイブリッドという武器がある。

圧倒的な高性能と走りの喜びを、ル・マンで示すがごときの高い信頼性で実現できたなら、そしてそれが10年も20年も継続されていくなら、景色が変わってくる可能性は十分ある。TGRの世界一のスポーツカーメーカーへの道、今後も継続して追いかけていければと思う。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT