歯ぐきマッサージを歯科医が勧める深い理由

1日3時間やるかはともかくとしても…

歯ぐきのマッサージをすることによって、どんな効果が得られるのでしょうか?(写真:プラナ/PIXTA)  
最近、「歯ぐきマッサージ」という言葉を耳にする機会が増えました。歯科医院でマッサージをしてくれるところもあるようです。いったい、どのようなものなのでしょうか。マッサージの目的は?歯周病予防に効果はあるのでしょうか。『なぜ歯科の治療は1回では終わらないのか?聞くに聞けない歯医者のギモン40』が好評発売中の歯周病専門医、若林健史歯科医師に疑問をぶつけてみました。

「歯ぐきマッサージ」には2つの方法がある

「歯ぐきマッサージ」には手指を使ってじかに歯ぐきをマッサージする方法と、歯ブラシで歯ぐきをマッサージする方法の2つがあります。

前者は、歯科医院で歯科衛生士が行っていることが多いようですね。歯ぐきを触ってもらうのは気持ちよく、リラックス効果はあるでしょう。歯ぐきの血流改善効果も期待できます。ただし、歯周病に対する効果は未知数ですね。

後者はセルフケアとして歯みがきの際、自分でマッサージをします。実は歯ブラシによる歯ぐきマッサージは、30年ほど前、バブルの頃に一大ブームになりました(覚えている人がいらっしゃるかもしれませんね)。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

歯科医師の故・片山恒夫氏が考案した「片山式ブラッシング」という方法で、歯槽膿漏(しそうのうろう、歯周病のことです。当時はこう呼ばれていました)の治療として、1日3時間、朝、昼、晩1時間ずつ行うというもの。歯と歯の間や歯との境目の歯ぐきを歯ブラシで刺激します。

今にして思うと1日3時間、というのはすごいですね。片山式で「重度の歯槽膿漏を改善したケース」なども紹介され、師事する歯科医師も大勢いました。私も講演会に行ったことがあります。マッサージに関する本も複数出て、ずいぶん売れたようですから、実践した読者の方もたくさんおられるでしょう。マスコミにもしばしば取り上げられ、朝日新聞に掲載されたこともありました。

1日3時間磨くことが推奨されるかどうかはともかく、歯ぐきのマッサージ自体は歯周病に一定の効果があると思います。なぜなら歯周病によって炎症が起きている歯ぐきは歯垢(しこう)がたまり、そこで歯周病菌が繁殖しています。

マッサージによってこの部分が清掃され、ある程度、病巣を取り除くことができると考えられるからです。炎症がおさまれば腫れていた歯ぐきも引き締まってくるでしょう。

次ページ歯ぐきマッサージを科学的に検証した研究報告によると
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。