JR東の新たな一手、英国で「日本流」は根づくか

駅ナカ自販機を設置、鉄道運行面では課題も

イギリス・ウェストミッドランズトレインズの駅に設置された自動販売機(写真:JR東日本)

2017年12月の「英国進出」から1年半あまりが経過。JR東日本が”日本流”の成功モデルを現地に持ち込んだ。

それは、日本の「自動販売機」だ。JR東日本が運営に参加している英国ウェストミッドランズトレインズで、7月4日から同社の駅構内で自動販売機を通じた飲料や菓子類の販売提供が始まった。

機械の正面が大型のデジタルディスプレイになっていて、コーヒーやお茶などドリンクの画像が映し出されている自動販売機をJR東日本の駅ナカで見かけたことがあるだろう。JR東日本はこの自販機の開発や運用で培ったノウハウを英国に持ち込んだ。バーミンガムスノーヒル駅に2台、ノーサンプトン駅に1台、計3台の自販機を設置、飲料だけでなくお菓子も自販機で買えるようにした。はたして英国人に受け入れられるか。

英国「駅ナカ」の可能性

ウェストミッドランズトレインズは三井物産、オランダ国鉄系の鉄道会社アベリオとJR東日本の3社が設立した鉄道会社で、ロンドンとバーミンガムを結ぶ「ロンドン・ノースウェスタン路線」と、バーミンガム近郊の路線網「ウェストミッドランズ路線」の2路線の運行を担っている。鉄道大国・日本における最大手の鉄道会社であるJR東日本のノウハウで沿線価値を向上させたいと、現地では大いに期待している。

「でも、沿線価値向上の前に、駅の利便性をもっと高めたい」と、JR東日本事業創造本部 新事業・地域活性化部門の松澤一美次長は話す。英国の駅ナカは日本の駅ナカのようにあちこちに自販機が設置されているわけではない。「駅にはもっと可能性があるのに。もったいない」。松澤氏はそう感じた。駅ナカの利便性を高める尖兵が自販機だった。

次ページ本体は現地製、運行情報表示機能も
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT