JR東の新たな一手、英国で「日本流」は根づくか

駅ナカ自販機を設置、鉄道運行面では課題も

日本の鉄道の強みである定時運行を現地で実践しようとしても、ルールの壁が障害になった。ダイヤ乱れ時には、直通列車を途中駅で折り返し運転する「分離運転」も影響の波及防止に有効だが、英国では、終着駅まで運転しないと運輸省との公約に反したという扱いになってしまうのだという。

ウェストミッドランズトレインズ社が運行するロンドン・ノースウェスタンの車両(写真:JR東日本)

混雑問題は日本も英国も頭の痛い問題だ。車両に乗り込んだ乗客がドア付近に固まり、なかなか奥に進んでくれないことが混雑の理由の1つ。日本では乗客に「車内の奥のほうにお進みください」と何度もしつこくアナウンスしているが、英国では「同じアナウンスを繰り返してもうまくいかない」と考える人もいるという。

「日本式」が成功するとは限らない

文化・習慣の違い。そしてルールの違い。これだけ違うと、日本で成功したノウハウが現地で成功するとは限らないのも納得がいく。そこで、最近は現地の運行担当者に日本に飛んでもらい、JR東日本の運行現場を見て、自らの運行業務に取り入れてもらえるノウハウがあるかどうかを彼ら自身に気付いてもらうという試みも始めた。頭ごなしに押し付けるよりも、自ら気付くほうが納得感を持って実践してくれると考えるからだ。

異文化の中でビジネスを行うのは確かに難しい。しかし、これは自動車や電機など、数多くの産業が経験してきたことだ。海外でもまれた経験は、日本でのモノづくりにも生かされた。鉄道業界はいささか遅きに失したが、異国における安全対策の考え方を知ることは、日本における安全対策の在り方を改めて考えるきっかけにもなるだろう。

その意味では、ウェストミッドランズトレインズへの出資は金銭に代えられない投資効果をもたらすことは間違いない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT