国鉄技師長・島秀雄氏が語る「昭和の鉄道車両」

月刊「鉄道ファン」創刊号掲載の貴重な対談

談笑する島秀雄・国鉄技師長(右)とJOKR吉村アナウンサー(写真:鉄道ファン図書館)
交友社の協力を得て、月刊『鉄道ファン』のバックナンバー公開サービス『鉄道ファン図書館』から歴代の注目記事を掲載します。
(表記や表現は原文のまま掲載しています。一部に現在では不適切な表現がありますが、記事の歴史的価値を尊重し原文のまま掲載します)
毎度御乗車有難う! 鉄道ファン訪問対談―(1961年7月・創刊号掲載)
国鉄技師長 島 秀雄氏 ……………S
(きき手)JOKR 吉村アナウンサーY
(※JOKR=TBS 吉村アナウンサー=吉村光夫氏)

Y「島さんがレールファンになられたのは小さい頃からでしたか?」

S「ついにレールファンにならずですよ」

Y「でもJRCの会員の筈ですが」

S「もっと本式のファンになれたならば、良さそうなものなんですが、中途半端におさまって」

Y「いや、それは御けんそん。JRCの初代会長でいらっしゃるんですし、今までもレールファンの集まりとしての会のあり方について、ファンとしての立場で御指導をいただきました。決して中途半端なものとは思いません」

S「では今後もファンの一人としておつきあいいただきましょうか」

9600形は「常識はずれ」

Y「島さんのお父さんも、国鉄で機関車の設計をなさったのですね」

S「僕の父は、自分で図面をひいたことはあまりないでしょう」

Y「お父さんが満足されたという機関車は何形でしたでしょうか」

S「さあ……。苦労したものは沢山あったでしょうけどね、満足したのは……。鉄道として常識はずれのものを造ったようですよ。9600だってそうですしね。C51みたいなものもそうですよ」

Y「96は常識はずれの機関車ですか」

S「そうですよ。狭軌のゲージの上にあんなでかいボイラーをのっけてね。重心が非常に高いでしょう。グレードが動輪の上にのっかっているのも常識ではありませんね」

次ページ島秀雄技師長の「限界主義」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT