LCCピーチが「会社のために働くな」と言う理由

井上CEOが語る「会社も社員も伸びる」条件

井上CEOが、Peachが目指すことを伝えるために、考え抜いた言葉があります。それは、「Peachが目指しているのは空飛ぶ電車」です。「空飛ぶ電車」とはどういうことでしょうか。例えば、乗客が新幹線チケットを自動券売機で買うのと同じように、乗客が自分で航空チケットを手配します。駅で改札を通るように、空港でのチェックインも乗客が自分でします。そして、新幹線でのワゴンサービスと同様、機内の飲食はお金を払って買います。

このように、鉄道サービスではごく当然に考えられているサービスを、航空サービスで実施しているわけです。

「空飛ぶ電車」の挑戦は続く

電車に気軽に乗るような感覚を、航空機の利用客にももってもらえれば、人びとの「空の旅」はより身近なものなる。Peachとしても、乗客に電車感覚で自ら行ってもらうことで、浮いたコストを低運賃などに反映することができる。こうして、航空業界のイノベーションを起こそうとしているわけです。実際、Peach機には、花火大会に行くために浴衣で搭乗するような乗客もいるといいます。

「空飛ぶ電車」の実現に向け、いまもPeachは走り続けています。先月の6月20日、同社は初就航から約7年4か月での累計搭乗者数3000万人突破を発表しました。そして、これから控えているのがバニラエアとの統合です。「今年度末をめどに完了するバニラエアとの統合により、Peachのネットワークは国内外にさらに拡大いたします」と井上CEOはコメントしています。

世界のLCCのなかでは遅れてやってきた新参者のPeachですが、その挑戦はまだまだ続いていきそうです。もちろん、「おもろい」働き方を忘れることなく。

Peachの独創的なサービスや働き方は、すべての会社に通用するものではないかもしれません。でも、どんな仕事でも「おもろさ」を感じながら働くことは、きっと生産性を高めることにつながるでしょう。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。