スーパー銭湯「極楽湯」は中国でも通用するのか

10年以内に100店体制を目指すが課題は多い

上海1号店にある露天風呂。この店舗は日本に逆輸入され「RAKU SPA」というブランドで運営されている。中国進出が国内事業の拡大にもつながった(写真:極楽湯ホールディングス)

ただ、中国に進出してからの6年間でフランチャイズ展開した施設は4店舗にとどまり、決して多いとはいえない。フランチャイズ運営企業の都合や、運営の許認可をつかさどる現地当局との調整に時間を要しており、店舗網が広がっていないのが実情だ。

実際、2019年は中国で8店舗ほどの出店を計画していたが、そのうち4店舗は先述の理由で2020年以降に開業が延期されたことが、6月下旬に発表された。中国では商業施設内への出店も進めているが、商業施設の運営企業にも許可を得る必要があり、出店のタイミングは極楽湯側もコントロールが難しい状況が続いている。

「銭湯」という文化の浸透がカギに

極楽湯HDにとっては、100店舗を目指すうえで、盤石な体制づくりは急務だ。店舗拡大に協力してくれる現地企業の選定が、ことさら重要となってくる。

また、温浴施設のニーズをさらに深耕することも課題の1つだ。中国では「お湯につかること」自体にはいまだ重きが置かれておらず、日本人が平均1時間程度、サウナや水風呂などを含め浴室にいるとすれば、中国人はその半分の30分程度だという。極楽湯の進出以降、日本ならではの楽しみ方が普及し始めたといっても、それが十分に浸透したとはいえない。

近年は冬に客数が集中し、入場するのに1~3時間待ちになるというが、(例年1~2月ごろの)春節を超えると客足が落ちてくる。銭湯という文化を浸透させ、日常的に訪れてもらうことができるかがカギとなる。

現地での競争にどう打ち勝っていくのか。極楽湯には「開拓」から「拡大」という次の課題が差し迫っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT