世界中が熱狂「eスポーツ」の実に奥深い内側

「格闘」から「パズル」まで、ジャンルは8つ!

さまざまなジャンルで構成される、eスポーツの世界をご紹介します(写真提供:SQOOL.NETゲーム研究室)

「eスポーツ」と聞いて、どんなスポーツを思い浮かべるでしょうか? 2018年の「流行語大賞」にノミネートされ、認知度は年々右肩上がりになっていますが、詳しくは知らないという方が大半かもしれません。

eスポーツとは、

・対戦要素のあるゲームを用いて
・決められたゲームルール、制限時間などの設定のなかで勝敗を決すること

を総称しています。参加人数やスポンサーの数などの規模によって賞金や賞品が提供されることもあり、世界ではその賞金の総額が20億円を超えるゲーム大会もあります。

「ゲームをプレイすることがスポーツ?」「ゲームってコントローラーを握ってプレイするものでしょ?」など、単純に“ゲーム”という言葉を聞くとこのように思われる方がほとんどかも知れませんが、eスポーツはゲームを媒介にした新しいライブ・エンターテインメントであり、コミュニティを中心にしたエンターテインメントだと私は考えています。

そこでプレイされるゲームのジャンルは、読者の皆様がご存じのシューティングゲーム、格闘ゲーム、カードゲーム、パズルゲーム、戦略シミュレーションゲームなど多岐にわたり、それぞれがeスポーツとして成り立っています。

世界で愛される日本生まれの格闘ゲーム

1. 対戦格闘ゲーム

日本で最も熱く、そして、他国の追随を許さないジャンルと言っても過言ではありません。日本では1980年代後半から「ストリートファイター」シリーズ(カプコン)がアーケード(いわゆるゲームセンター)や家庭用ハードにおける「格闘ゲームのスタンダード」を作り上げ、多くのプレイヤーとファンを醸成し、表現技術の進化に伴って、ゲーム中のグラフィックス表現の幅や可能性が格段に広がりました。

次ページ格闘ジャンルで有名なタイトルは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT