世界中が熱狂「eスポーツ」の実に奥深い内側

「格闘」から「パズル」まで、ジャンルは8つ!

さまざまなジャンルで構成される、eスポーツの世界をご紹介します(写真提供:SQOOL.NETゲーム研究室)

「eスポーツ」と聞いて、どんなスポーツを思い浮かべるでしょうか? 2018年の「流行語大賞」にノミネートされ、認知度は年々右肩上がりになっていますが、詳しくは知らないという方が大半かもしれません。

eスポーツとは、

・対戦要素のあるゲームを用いて
・決められたゲームルール、制限時間などの設定のなかで勝敗を決すること

を総称しています。参加人数やスポンサーの数などの規模によって賞金や賞品が提供されることもあり、世界ではその賞金の総額が20億円を超えるゲーム大会もあります。

「ゲームをプレイすることがスポーツ?」「ゲームってコントローラーを握ってプレイするものでしょ?」など、単純に“ゲーム”という言葉を聞くとこのように思われる方がほとんどかも知れませんが、eスポーツはゲームを媒介にした新しいライブ・エンターテインメントであり、コミュニティを中心にしたエンターテインメントだと私は考えています。

そこでプレイされるゲームのジャンルは、読者の皆様がご存じのシューティングゲーム、格闘ゲーム、カードゲーム、パズルゲーム、戦略シミュレーションゲームなど多岐にわたり、それぞれがeスポーツとして成り立っています。

世界で愛される日本生まれの格闘ゲーム

1. 対戦格闘ゲーム

日本で最も熱く、そして、他国の追随を許さないジャンルと言っても過言ではありません。日本では1980年代後半から「ストリートファイター」シリーズ(カプコン)がアーケード(いわゆるゲームセンター)や家庭用ハードにおける「格闘ゲームのスタンダード」を作り上げ、多くのプレイヤーとファンを醸成し、表現技術の進化に伴って、ゲーム中のグラフィックス表現の幅や可能性が格段に広がりました。

次ページ格闘ジャンルで有名なタイトルは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT