仕事を急に休まざるをえない不妊治療のリアル

有給休暇を使うなどの工夫ができない事情

例えば、月経周期が月によって異なり「早いと26日、遅くなると34日」という患者さん、決して少なくありません。こういう方には、排卵を逃さないよう以下のように通院を促します。

「月経周期が26日」という周期は、月経が始まる14日前が排卵日ですから、月経開始から12日目が排卵日です。しかし、この患者さんは遅い月は34日で月経が来るのですから、その月は月経開始から20日目に排卵するということになり、その差が1週間以上もあるのです。

ステップアップすると数日毎に受診

月経開始から13日目、14日目では、早い月では排卵が終わってしまっています。一方で、12日目に受診しても、その月の排卵日が20日目でしたら、13日目、14日目に排卵予測はできないため、再度受診してもらわなければなりません。少なくとも排卵日の3日前くらいでないと予想が難しいからです。「明日もう一度来てください」「明後日くらいに来院してください」と促す理由はここにあるのです。

一方で、一般生殖医療で妊娠ができないカップルには、次のステップとして体外受精など高度生殖医療を提案します。

高度生殖医療の方法は医療施設によって、さまざまですが、多くの場合排卵誘発剤を用いた卵巣刺激が行われます。これも詳しくは、後日改めて詳しく書いていきたいと思いますが、排卵誘発剤の反応にも個人差があります。

例えば注射剤を用いる場合、基本的に連日通院したり、自己注射を指導され自分で注射したりする方法もありますが、自己注射の場合でも数日ごとに受診して診察を受けなければなりません。

治療する側からすると、体外受精のために行う採卵をベストな時期に設定したいため、時にはまた翌日の受診を促すこともあります。

このように、一般生殖医療ではご本人の排卵日に合わせて、また高度生殖医療でも卵巣の反応性を見ながら治療が行われるため、お仕事やご都合と無関係に通院、受診しなければならないのです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株主第一主義からの脱却は<br>なぜ必要か

米国の有名大企業のCEOらが、米国型資本主義の象徴「株主第一主義」を見直す声明を発表した。本誌コラムニストによる連載「ニュースの核心」では、格差拡大や中間層の消滅を防ぐだけでなく、マクロ経済政策としても有益であることを指摘。