マンション市況2極化が招く業界再編の足音

2014年は中小デベロッパーに試練の年?

画像を拡大
「パークシティ大崎 ザ タワー」(品川区)のモデルルーム。客足は順調だ(撮影:風間仁一郎)

実際、目下の価格上昇は「値段が上がっても売れる地域」と「値段が上がれば売れなくなる地域」の2極化を浮き彫りにし始めている。

不動産コンサルティング会社のトータルブレインによると、2013年に首都圏で売り出されたマンションのうち、東京23区では「販売好調」物件の比率が前年よりも大幅に増加(31.6%→48.1%)した。その一方、埼玉(37.5%→27.3%)や神奈川(43.9%→36.5%)では「販売好調」物件の比率が減少した。

「都心など好立地の物件は価格が上がっても需要があるが、郊外となると厳しくなっている」(同社の杉原禎之常務)

デベロッパーも2極化へ?

2極化の波は、業界の構造そのものを変える可能性がある。

都心部の人気エリアで用地を取得する力がある大手デベロッパーは、価格変動にも対応することができよう。だが、資金力に劣る中小デベロッパーが主戦場とする郊外では、物件価格に占める建築費の割合が相対的に大きい。そのため、デベロッパーが物件を供給しようにも、建築費の高騰によって客の予算に見合った価格で販売できないケースが増えていくと見られる。

その結果、何が起きるのか。中小デベロッパーの経営が悪化して大手に吸収される、つまり、業界再編を引き起こす場面が出てくるかもしれない。足元の市況が好調だとはいえ、先行きには注視が必要だ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT