「聴覚障害者」にとって通勤電車はこんなに怖い

車内放送聞こえず、何が起きたかわからない

確かに、車内にはいろいろな人がいるので、そういうことを迷惑に思う人にうっかり助けを求めると、かえって危険を招き寄せてしまう可能性もある。積極的に「困ったら声を掛けて」という意思を表明している人がいれば、鉄道だけでなく街に出て行くことの不安が小さくなるだろう。

立体イラストは登場する人一人ひとりが、それぞれのキャラクターをもっているのが魅力(筆者撮影)

最後に、聖奈さんに「こういう鉄道になるといいな」という将来像を聞いてみた。

「車内でうつむいてスマホばかり見ている人が多く、乗車を楽しんでいる人をあまり見かけなくなりました。鉄道が単なる移動手段だけでなく、自分の気持ちも一緒に乗り込んで鉄道を感じて楽しむ人が増えるといいなと思います。

私の原点は、『鉄道の表情は乗客が作る』ということ。乗客や駅にいる人などそれぞれが動いて感じている絵を描くことで、電車の楽しさを表現していきたいと思います」

誰もが安心して鉄道を楽しめるように

機能を求めるあまり、ともすると無機質になりがちな鉄道の標示などだが、流山鉄道や江ノ島電鉄の車内の路線図のデザインを依頼されたり、江ノ島電鉄の車両全体に聖奈さんの絵日記を展示したギャラリー電車「えのでん絵日記号」が運行されたりして、少しずつ彼女の意思が伝えられていっている。

電車旅の気分を盛り上げるような、江ノ島電鉄の路線図。昨年から今年5月まで掲示されていた季節ごとのバージョンがある(筆者撮影)

殺伐とした車内ではなく、安心して鉄道を利用し、その空気を楽しめるようになることは、障害を負った人だけのためではない。女性も、お年寄りも、疲れ切った人も、今日つらいことがあった人も……、温かく包摂して運ぶ鉄道になっていくことで得られる社会の未来像を、見せてもらったようだった。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。