「聴覚障害者」にとって通勤電車はこんなに怖い

車内放送聞こえず、何が起きたかわからない

聴覚に障害がある人が電車に乗るのは大変だ(写真:EKAKI/PIXTA)

聴覚障害者は外見ではわからない障害なだけに、この人たちが困っているという認識をわれわれにはできていないかもしれない。実際のところどうなのかを聞いてみたいと、鉄道ファンでもあり聴覚障害をもつ杉本聖奈(まりな)さんに話を聞いた。インタビューに当たっては、母親の香苗さんに通訳してもらったり、話を補ってもらったりというサポートをしてもらった。

補聴器は「耳」とは違う

そもそも、聴覚障害者の音の世界は、どうなっているのか。聴覚障害にもいろいろな種類があり、まったく音の聞こえない「完全聾(ろう)」、聴覚が一部失われている「難聴」、それに病気などで途中から音が聞こえなくなった「中途失聴」に大別されるという。聖奈さんは3歳のときから補聴器をつけているというが、どのように外界の音が聞こえているのだろう。

「私は先天的な難聴ですが、これにもさまざまなレベルやタイプがあります。みなさんは、補聴器をつければ普通に聞き取れるのではないかと思われるでしょうね。正常な聴覚の人や、後天的に耳が聞こえなくなった人は、自然に自分に必要な音を選別して聞いているのでしょう。

しかし私の場合は、まわりの音がすべて補聴器を通じて入ってくるので、人の言葉だけ、電車の音だけ、と区別して聞き分けることができません。それでも、補聴器のおかげで音と振動を感じられるようになり、幼い頃家に近かった中央線の通過の音や、踏切の警報器の音が伝わるようになり、身体全体で鉄道を感じようとしていたように思います」

難聴というのは聞こえているボリュームが小さいことのように筆者は考えていたのが、そうではないことに驚かされる。もちろん、そういうタイプの聴覚障害者もあるので、単純に一括りにして考えてはいけないのだが。

次ページ電車を利用するときの不便さは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT