「万年2位」東洋大が箱根駅伝で圧勝したワケ

あと1歩で勝てないチームが、なぜ“壁”を破れたか

1区田口雅也はライバルである駒澤大と日本体育大を徹底マークし、2区服部勇馬はマイペースを貫き、確実につないだ。「往路優勝するためには自分が稼がないといけない」という3区設楽悠太が駒澤大を逆転して、55秒のリードを奪取。4区で駒澤大の猛攻撃にあったが、5区では設楽啓太が「トップでゴールする」というミッションをクリアした。

復路を2位駒澤大より59秒先にスタートした東洋大。酒井監督は「1分差あるぞ」と選手たちに声をかけた。「59秒」ではなく「1分」という“言葉”が選手たちに精神的なゆとりを与えた。

6区日下佳祐は「駒大だけには負けられない」と後続のライバルを意識。「59秒は微妙な差でしたが、見えなくなるまで突き放せば、追いかける側は厳しくなる」と下り区間の20.8kmで駒澤大から18秒のリードを奪い、優勝への流れを一気に引き寄せた。もし、東洋大が6区で駒澤大に18秒負けていれば、まったく違う結果になっていたかもしれない。それぐらい、日下が駒澤大からもぎ取った18秒は大きなものだった。

東洋大は7区服部弾馬、8区髙久龍が連続区間賞。9区上村和生も区間4位と好走して、10区の4年生・大津顕杜に大量リードでつないだ。当初は復路のエース区間である9区の候補だったという大津だが、調子が上がらず、10区に入った。「7~8区の後輩が作った貯金を使うわけにはいかない。最低でも区間賞というのは自分の中にありました」とハイペースで突っ込んで、ゴールまで押し切った。

東洋大は大学駅伝界で、最も選手層の厚いチーム。どの大学よりも厳しい選手選考を勝ち抜いてきた10人には、その時点で自信とプライドがあった。その“チーム力”こそが、東洋大の強さの源になっている。

レース翌日に設楽兄弟、大津、日下ら4年生の優勝メンバーを取材したが、彼らは面白いことを話していた。テレビ出演や取材などを受けているにもかかわらず、「優勝した実感があまりなくて、普通の1日みたいです」と言うのだ。反対に1年前、2位で箱根を終えた翌日は、「負けた実感が強くあった」という。強烈な“敗北感”があったからこそ、選手たちはさらに強くなれたのかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT