正月をにぎわせる、ナイキの超絶イベント

元旦の夜に生まれた、もう一人の福男とは?

 1月10日の明朝、兵庫県の西宮神社で毎年恒例の「福男選び」が行われ、今年は19歳の男性が“一番福”に選ばれた。今年は元旦にもう一人の「福男」を選ぶイベントが開催された。ナイキが1月1日に実施したイベント「エクストリーム元旦」だ。そこでは、多くの参加者が福男の称号を目指し、“極限”の新年の迎え方を競い合った。また、同イベントには昨年ビジネスパーソンの間で話題になった“エクストリーム”といえばあの協会も参加し、新年への思いを語った――。
兵庫県の西宮神社で行われた、毎年恒例の「福男選び」

1月10日の明朝、兵庫県の西宮神社で毎年恒例の「福男選び」が行われた。今年は1500人の参拝者が本殿までのおよそ230メートルを駆け抜けた。「(門が)開いた瞬間に前の人が倒れたのでこれはいけるかなと思った。みんなで笑って楽しい一年にしたい」今年の“一番福”になった19歳の男性は、報道陣に対して喜びをこう語った。

今年は元旦にもう一人の福男が生まれた。スポーツブランドのナイキが、年が変わった2014年1月1日午前0時から開催したとあるイベントでのことだ。そのイベントとは「エクストリーム元旦」。つまり“極限”の元旦を体験しようと呼びかけたものだ。

ナイキ「エクストリーム元旦」

このイベントは、ナイキが昨年発売したリストバンド型のガジェット「NIKE+ FUELBAND SE」のユーザーが主な参加者で、アクティブな元旦を過ごし、その様子を写真に撮ってSNS上に投稿することで参加できた。フェイスブックのイベントページやツイッターには、「#justdoitjp」「#エクストリーム元旦」というハッシュタグが付けられた写真が数多く並んだ。

今年初ランです。合間に前後開脚ストレッチしました。
今年は元旦から飛ばして行きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにスポーツマン、市民ランナーなどそれぞれの立場で新年の抱負を込めて投稿する参加者もいれば、中には….

東京タワーを足で登り、羽子板で羽根つき
初日の出はランニングで富士山にいちばん近いところまで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、新年早々ここまでやるかというような過ごし方をしたひともいたようだ。

このあと本イベントではツイッターの「RT(リツイート)」「お気に入り」、フェイスブックの「いいね!」数が集計され、アクティブだった 人=“NIKE福男/福女”が選ばれた。

次ページ選ばれた「福男」とは・・・?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT