正月をにぎわせる、ナイキの超絶イベント

元旦の夜に生まれた、もう一人の福男とは?

 1月10日の明朝、兵庫県の西宮神社で毎年恒例の「福男選び」が行われ、今年は19歳の男性が“一番福”に選ばれた。今年は元旦にもう一人の「福男」を選ぶイベントが開催された。ナイキが1月1日に実施したイベント「エクストリーム元旦」だ。そこでは、多くの参加者が福男の称号を目指し、“極限”の新年の迎え方を競い合った。また、同イベントには昨年ビジネスパーソンの間で話題になった“エクストリーム”といえばあの協会も参加し、新年への思いを語った――。
兵庫県の西宮神社で行われた、毎年恒例の「福男選び」

1月10日の明朝、兵庫県の西宮神社で毎年恒例の「福男選び」が行われた。今年は1500人の参拝者が本殿までのおよそ230メートルを駆け抜けた。「(門が)開いた瞬間に前の人が倒れたのでこれはいけるかなと思った。みんなで笑って楽しい一年にしたい」今年の“一番福”になった19歳の男性は、報道陣に対して喜びをこう語った。

今年は元旦にもう一人の福男が生まれた。スポーツブランドのナイキが、年が変わった2014年1月1日午前0時から開催したとあるイベントでのことだ。そのイベントとは「エクストリーム元旦」。つまり“極限”の元旦を体験しようと呼びかけたものだ。

ナイキ「エクストリーム元旦」

このイベントは、ナイキが昨年発売したリストバンド型のガジェット「NIKE+ FUELBAND SE」のユーザーが主な参加者で、アクティブな元旦を過ごし、その様子を写真に撮ってSNS上に投稿することで参加できた。フェイスブックのイベントページやツイッターには、「#justdoitjp」「#エクストリーム元旦」というハッシュタグが付けられた写真が数多く並んだ。

今年初ランです。合間に前後開脚ストレッチしました。
今年は元旦から飛ばして行きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにスポーツマン、市民ランナーなどそれぞれの立場で新年の抱負を込めて投稿する参加者もいれば、中には….

東京タワーを足で登り、羽子板で羽根つき
初日の出はランニングで富士山にいちばん近いところまで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、新年早々ここまでやるかというような過ごし方をしたひともいたようだ。

このあと本イベントではツイッターの「RT(リツイート)」「お気に入り」、フェイスブックの「いいね!」数が集計され、アクティブだった 人=“NIKE福男/福女”が選ばれた。

次ページ選ばれた「福男」とは・・・?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。