カメラの次はプリンタ、「チェキ」の新戦略

写真の楽しみ方を再提案

画像を拡大
スマホと無線LAN接続してプリントする

撮影した写真がその場でプリントされる「チェキ」は、写真を交換するなどコミュニケーションツールにもなり、フィルムカメラを体験したことがない10代~20代の女性を中心に世界中で人気が高まっている。

世界での販売台数は2009年度の49万台から年30%以上の成長を続けており、2013年度は当初計画の200万台を220万台に上方修正するほど好調な売れ行きだ。

 山元正人イメージング事業部長は「スマホdeチェキ」について、「銀塩のアナログプリントの魅力とスマホの利便性を融合した、富士フイルムだからこそできる新商品」と胸を張る。

販売目標は25万台

「スマホdeチェキ」の想定価格は1万9800円。2014年度の世界販売目標は25万台だ。プリントには、カメラの「チェキ」で使われている名刺サイズのインスタントフィルムを使用する。プリンタ本体だけでなく、フィルムの販売拡大にもつなげたいという狙いもある。

デジカメメーカーの置かれている状況は厳しい。スマホの普及によって、コンパクト型の世界総出荷台数が前年比4割減と落ち込んでいる。各社にとって、スマホとの連携や共存は大きな課題の一つだ。

「スマホdeチェキ」は、スマホのユーザーに、写真プリントの魅力を浸透させることができるか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。