米新規失業保険申請が2週連続減

雇用鈍化は一時的の可能性

1月16日、米新規失業保険申請件数は、季節調整済みで前週比2000件減の32万6000件となった。写真はワシントンの就職フェア会場で10日撮影(2014年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 16日 ロイター] -米労働省が16日発表した1月11日までの週の新規失業保険申請件数は、季節調整済みで前週比2000件減の32万6000件となった。減少は2週連続で、昨年12月に雇用の伸びが大幅に鈍化したのは、一時的なものだった可能性を示した。

市場予想は32万8000件を見込んでいた。

4週間移動平均は1万3500件減の33万5000件。

12月の雇用統計によると、非農業部門の雇用者数は7万4000人の増加にとどまった。寒波の影響が指摘されていた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT