米新規失業保険申請が2週連続減

雇用鈍化は一時的の可能性

1月16日、米新規失業保険申請件数は、季節調整済みで前週比2000件減の32万6000件となった。写真はワシントンの就職フェア会場で10日撮影(2014年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 16日 ロイター] -米労働省が16日発表した1月11日までの週の新規失業保険申請件数は、季節調整済みで前週比2000件減の32万6000件となった。減少は2週連続で、昨年12月に雇用の伸びが大幅に鈍化したのは、一時的なものだった可能性を示した。

市場予想は32万8000件を見込んでいた。

4週間移動平均は1万3500件減の33万5000件。

12月の雇用統計によると、非農業部門の雇用者数は7万4000人の増加にとどまった。寒波の影響が指摘されていた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。