米新規失業保険申請が2週連続減

雇用鈍化は一時的の可能性

1月16日、米新規失業保険申請件数は、季節調整済みで前週比2000件減の32万6000件となった。写真はワシントンの就職フェア会場で10日撮影(2014年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 16日 ロイター] -米労働省が16日発表した1月11日までの週の新規失業保険申請件数は、季節調整済みで前週比2000件減の32万6000件となった。減少は2週連続で、昨年12月に雇用の伸びが大幅に鈍化したのは、一時的なものだった可能性を示した。

市場予想は32万8000件を見込んでいた。

4週間移動平均は1万3500件減の33万5000件。

12月の雇用統計によると、非農業部門の雇用者数は7万4000人の増加にとどまった。寒波の影響が指摘されていた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。