ベントレー、乗って触れてわかったスゴい実力

運転していても後席に乗っても気持ちいい

イギリスの高級車、ベントレー・ミュルザンヌの魅力についてレポートする(写真:LEON編集部提供)
運転しても後席に乗っても気持ちいいクルマといえば? ベントレーを置いてほかにないだろう。2010年に発表され、2016年にマイナーチェンジ、まだまだ魅力たっぷりのベントレー・ミュルザンヌに乗った。

まだまだ色あせない、最高峰の気持ちよさ

新しいものを追いかけるのもいい。でもたとえば、最新のスポーツシューズでなく、コードバンのダブルモンクで背筋をぴっと伸ばしてキメたい時はないだろうか。クルマで後者に相当するのがベントレー・ミュルザンヌだ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

ルマン24時間レースが行われるサーキットから車名をとったのがミュルザンヌである。初代は1980年から92年まで作られ、いまの2代目は2010年に発表された。

このクルマの魅力は、気持のよさにある。今回乗ったミュルザンヌ・スピードなどは、数値の上でもとてつもないパワーを誇るが、真骨頂は、気持よく早いという、えもいわれる乗り味にある。

ベントレーのおもしろさは、自慢の種がいろいろあるところだろう。たとえばこのモデルのサブネームである「スピード」だ。オリジンは1924年にコーチビルダー(車体架装業者)のバンデンプラが手がけた4座のボディをもつスポーツモデルだ。

フライングBと名づけられたマスコットがフロントにつく(写真:LEON編集部提供)

いまその名前はスポーティな仕様に用いられている。ミュルザンヌを例にとると、ベースモデルのミュルザンヌが377kW(512馬力)の最高出力と1020Nmの最大トルクであるのに対して、ミュルザンヌ・スピードは395kW(537馬力)と1100Nmとさらに上をいっているのだ。

ベントレーというと、ロールスロイスと双璧をなす英国製の高級車と知っているひともいるだろう。2019年で100周年と歴史は長い。特徴は大きな車体と大きな排気量のエンジン。それでいてスポーティで、第二次大戦前はルマン24時間レースを含めて、数多くのレースを制した。

次ページ「走る楽しみ」を守り続けたクルマづくり
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。