米ダウは207ドル高、利下げ観測強まる 

メキシコ問題解決に期待、一方で原油は急落

 6月5日、米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価は200ドル超値上がりした。NYSEで撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価は200ドル超値上がりした。経済指標を受け利下げ観測が強まったほか、米国とメキシコが移民や関税の問題で合意できるとの期待が広がった。

連邦準備理事会(FRB)の当局者らは、国内経済が鈍化すれば対応すると明言。貿易戦争が景気拡大を脅かせば、利下げの用意があると示唆した。パウエル議長も前日、貿易戦争が及ぼす影響をFRBは「緊密に注視」しており、「適切に行動する」と述べていた。

企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが発表した5月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が2万7000人増と2010年3月以来9年2カ月ぶりの小幅な伸びにとどまった。これを受け、利下げ観測が強まった。

チャールズ・シュワブのチーフグローバル投資ストラテジスト、ジェフリー・クライントップ氏は「景気が弱含み、FRBが早期利下げに踏み切る口実ができたという見方が今日と昨日で広がった。仮に7日公表の雇用統計が堅調でこうした口実がなくなれば、市場が失望する可能性もある」と話す。市場は現時点で、7月の予防的な利下げを予想していると指摘した。

トランプ米大統領は、メキシコが不法移民問題を巡り米国と合意したい考えだろうと述べた。ホワイトハウスのナバロ大統領補佐官(通商製造政策局長)も、対メキシコ関税が発動されない可能性があるとの認識を示した。 

S&P不動産<.SPLRCR>が2.3%高、S&P公益事業<.SPLRCU>は2.1%高、S&P主要消費財<.SPLRCS>が1.1%値上がりした。

クライントップ氏は、利下げ観測の意味合いは大きいと分析。低金利下で好調なディフェンシブ銘柄が、貿易の影響をより受けやすい株をアウトパフォームしたと指摘する。

アップル<AAPL.O>とマイクロソフト<MSFT.O>が主導する形で、S&P情報技術<.SPLRCT>が1.4%高と相場を大きく押し上げた。

米顧客管理ソフト大手、セールスフォース・ドット・コム<CRM.N>も5.1%値上がりして追い風となった。通年業績見通しが予想を上回った。

この日、S&Pセクター別で唯一値下がりしたのはエネルギー<.SPNY>(1.1%安)。原油相場の急落が響いた。

米食品大手キャンベル・スープ<CPB.N>の上げが10%と目立った。通年の業績見通しを上方修正した。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.09対1の比率で上回った。ナスダックでは1.34対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は70億2000万株。直近20営業日の平均は71億2000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25539.57 +207.39 +0.82 25451.00 25544.66 25373.58 <.DJI>

前営業日終値25332.18

ナスダック総合7575.48 +48.36 +0.64 7585.68 7589.47 7498.17 <.IXIC>

前営業日終値 7527.12

S&P総合500種 2826.15 +22.88 +0.82 2818.09 2827.28 2800.92 <.SPX>

前営業日終値 2803.27

ダウ輸送株20種 10171.30 +87.54 +0.87 <.DJT>

ダウ公共株15種810.15 +16.97 +2.14 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1345.10 -10.16 -0.75 <.SOX>

VIX指数 16.09 -0.88 -5.19 <.VIX>

S&P一般消費財894.97 +3.89 +0.44 <.SPLRCD>

S&P素材 352.72 +2.74 +0.78 <.SPLRCM>

S&P工業 630.18 +6.68 +1.07 <.SPLRCI>

S&P主要消費財588.49 +6.51 +1.12 <.SPLRCS>

S&P金融 447.87 +2.53 +0.57 <.SPSY>

S&P不動産 230.04 +5.23 +2.33 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー440.25 -4.81 -1.08 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1034.02 +6.93 +0.68 <.SPXHC>

S&P通信サービス 155.99 +0.19 +0.12 <.SPLRCL>

S&P情報技術1294.44 +17.59 +1.38 <.SPLRCT>

S&P公益事業 303.47 +6.36 +2.14 <.SPLRCU>

NYSE出来高 8.60億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物6月限ドル建て 20790 + 60 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物6月限 円建て 20790 + 60 大阪比 <0#NIY:>

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。