「クワガタを稼業にした」47歳男の波乱万丈人生

垣原賢人が「ミヤマ☆仮面」に変身した理由

大好きなクワガタを通じて自然の大切さを伝えるために活動をしているプロレスラー・垣原賢人氏(写真:OCEANS)  
人気プロレスラーだった垣原賢人が、34歳で引退後に選んだ職業は、なんとクワガタだった。幼い頃から、クワガタに魅了されてきた垣原は、プロレスと同じくらい熱中できる職業として、自らがクワガタの化身となり、その魅力を世の中に伝えていくことを決断した。

子どもの頃、日が暮れるまで昆虫採集に没頭したあの日々を覚えているだろうか。

あの頃、僕らの好奇心は間違いなく、バッタやトンボ、蝶、そしてカブトムシやクワガタなどの昆虫に向けられていた。とくに発達したツノを持つカブトムシや大顎を持つクワガタの格好よさに、強い憧れを抱いた読者も多いのではないだろうか。

思えば、僕らの好奇心は時の流れとともに変わっていった。森が切り開かれ、あらゆる場所がアスファルトで舗装されることに違和感を覚えることもなく、新しいモノや新しい娯楽に夢中になった。その便利で快適な暮らしの中で、僕らは昆虫を忘れてしまったのだ。

だが、そんな時代を生きてきたにもかかわらず、幼い頃からこれまでずっと昆虫に好奇心を持ち続け、ついにそれを職業にしてしまったスゴイ男がいる。プロレスラーの垣原賢人(47歳)だ。

34歳の若さで「引退決意」

2006年当時、新日本プロレスの看板選手として活躍していた垣原は、5月28日に多くのファンに惜しまれながらプロレスの世界から身を引いた。プロレスの聖地・後楽園ホールでの引退試合。

2006年、垣原は多くのファンに惜しまれながら、プロレスの世界から身を引いた(写真:OCEANS/長尾 迪=本人提供)

ライバル選手との最後の一戦を終えた垣原は、リング上でマイクを握って次のように語り、17年間の現役生活を締めくくった。

「1989年にUWFに入門してから17年、プロレス界でたくさんのことを学びました。いいこともたくさんありましたが、たび重なる団体の崩壊やケガなどで本当に苦悩した現役生活だったと思います。でも、今日こうしてすばらしい引退試合ができ、僕のプロレス人生、ハッピーエンドだったと思います。今まで長い間、応援ありがとうございました」

次ページレスラーを引退した理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT