グーグルの広告データめぐりEU9カ国に訴え

個人情報保護求めるグループが規制当局に

 6月4日、米グーグルのオンライン広告データの取り扱いが不適切だとして個人情報保護を求めるグループが、フランスやドイツなど欧州連合(EU)加盟9カ国のデータ保護規制当局に訴えを起こした。写真はグーグルのロゴ。ニューヨークで撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ブリュッセル 4日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>のオンライン広告データの取り扱いが不適切だとして個人情報保護を求めるグループが4日、フランスやドイツなど欧州連合(EU)加盟9カ国のデータ保護規制当局に訴えを起こした。

問題になったのは、オークション形式で広告を入札して表示する「リアルタイム・ビッディング(RTB)」と呼ばれる仕組み。

訴えをまとめたリバティーズの法律専門家エバ・サイモン氏は「RTBは利用者の個人情報を多くの企業に拡散している可能性がある。この広告手法は明らかに、個人情報保護の厳格化を決めた『一般データ保護規制(GDPR)』を侵している」と指摘した。

他に訴えが出されたのはベルギー、ブルガリア、チェコ、エストニア、ハンガリー、イタリア、スロベニアの各国。

グーグルは取材に対応しなかった。

EUは1年前にGDPRを採用している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。