グーグルの広告データめぐりEU9カ国に訴え

個人情報保護求めるグループが規制当局に

 6月4日、米グーグルのオンライン広告データの取り扱いが不適切だとして個人情報保護を求めるグループが、フランスやドイツなど欧州連合(EU)加盟9カ国のデータ保護規制当局に訴えを起こした。写真はグーグルのロゴ。ニューヨークで撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ブリュッセル 4日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>のオンライン広告データの取り扱いが不適切だとして個人情報保護を求めるグループが4日、フランスやドイツなど欧州連合(EU)加盟9カ国のデータ保護規制当局に訴えを起こした。

問題になったのは、オークション形式で広告を入札して表示する「リアルタイム・ビッディング(RTB)」と呼ばれる仕組み。

訴えをまとめたリバティーズの法律専門家エバ・サイモン氏は「RTBは利用者の個人情報を多くの企業に拡散している可能性がある。この広告手法は明らかに、個人情報保護の厳格化を決めた『一般データ保護規制(GDPR)』を侵している」と指摘した。

他に訴えが出されたのはベルギー、ブルガリア、チェコ、エストニア、ハンガリー、イタリア、スロベニアの各国。

グーグルは取材に対応しなかった。

EUは1年前にGDPRを採用している。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。