ラーメン名店「集結エリア」が密かに抱える難題

東京はじめ近年各地で増加中だが撤退も多い

いま、東京の丸の内と八重洲は熱いラーメン激戦区となっている。(写真左)「中華そば 福味」、(写真右)「松戸富田麺絆」(筆者撮影)

超高層ビルがいくつも建ち並び、一流企業のオフィスが集積する東京・丸の内。JR東京駅にも直結し、旧東京中央郵便局の局舎を一部残しながらも近代的なビルと複合させた商業施設「KITTE丸の内」の地下1階にいま、1日3000人以上がラーメンを食べに訪れている。「ラーメン激戦区 東京・丸の内」がお目当てだ。

この連載の一覧はこちら

ラーメン激戦区 東京・丸の内は、「中華そば 福味」「松戸富田麺絆」「東京スタイルみそらーめん ど・みそ」「四川担担麺 阿吽」「博多屋台ラーメン 一幸舎」という、ラーメン好きの間で知られた5店を集めたグルメゾーンだ。

今年3月5日にオープンし、まもなく開業3カ月を迎える。ランチやディナーのピークタイムをはじめとして、各店が行列をつくることも珍しくない。

東京駅周辺は注目のラーメン激戦区に

運営会社の鉄道会館によれば、平日のほうが来客数は多いという。丸の内は飲食やショッピングのお店も多いエリアながら、どちらかと言えばビジネス街の色が濃いためだろう。

「KITTE丸の内」の地下1階の「ラーメン激戦区 東京・丸の内」(筆者撮影)

お客の男女比率はほぼ半々。清潔感やオシャレ感のある雰囲気を持ったお店もあり、もともとターゲットの1つに据えていた「丸の内OL」をはじめとする女性客をうまく取り込めているようだ。

東京駅を挟んで丸の内側と反対に位置する八重洲側の地下街には、「六厘舎」や「つじ田 味噌の章」など、8つの有名ラーメン店を集めた「東京ラーメンストリート」がある。ラーメン激戦区 東京・丸の内のオープンによって、東京駅近辺には複数のラーメン店が集積するグルメゾーンが2つ整った格好となる。

次ページなぜ複数のラーメン店を集めるのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT