アウディが新型「A3セダン」で狙うもの

日本での販売は7年連続で過去最高

画像を拡大
A3セダンを発表する大喜多社長

もう一つは、A3をはじめとした主力車の販売が着実に伸びていただけでなく、コンパクト車「A1」(2011年発売)と小型SUV(スポーツ用多目的車)「Q3」(2012年発売)といった日本人好みのサイズの車を投入。それらが販売台数を押し上げた。

2014年の販売台数目標は「前年比10%以上の成長をしたい。初の3万台超えを目指す」(大喜多社長)。その牽引役ととして期待がかかるのが「A3セダン」だ。また「A6」「A7」「A8」といったハイエンドモデルも強化していく方針で、特にA8は春以降に新型モデルを投入する予定だ。

店舗での展示台数を拡大

店舗数も今年末までに113店舗に増やす計画。「展示台数12台以上の店舗を増やし、ショールームにハイエンドモデルをそろえる」(大喜多社長)。アウディの店舗が多い東京都内などの大都市圏では、スペースの都合上展示できる台数が少ない。ただ、既存店舗もリニューアルで増床するなどして少なくとも8台以上展示できる店舗を全体の半分以上(現在は約4割)に引き上げ、幅広い車種をアピールしたい考えだ。

一方で、今年4月には消費増税が控えており、販売への悪影響も懸念される。思惑通りに販売台数を伸ばせるか。アウディの実力が試される。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT