アウディが新型「A3セダン」で狙うもの

日本での販売は7年連続で過去最高

8年連続の過去最高更新を達成できるか。

ドイツの高級車メーカー、アウディが新型セダン「A3セダン」を1月14日から発売した。主力車「A3」シリーズ初となるセダンタイプで、アウディが展開するセダンとしては最も小型のものになる。「年々大型化していたセダンで再度コンパクトなものを用意した。日本の道路事情にあった正統派を投入できた」と、アウディ日本法人の大喜多寛社長は自信を見せる。中高年層の国産車からの乗り換えを促したい考えだ。

価格は325万~410万円。ボンネットにアルミニウムを採用するなどして軽量化を図り、気筒休止システムを搭載した1.4リットル直噴ターボエンジンのモデルでは、1リットル当たり20.0キロメートルの燃費を実現した。

販売目標は年間5000台。同じドイツ車の小型セダンでは、メルセデス・ベンツが昨年「CLAクラス」(価格335万~710万円)を新たに投入し、順調な販売を見せている。「(価格など)全然意識はしていない」(大喜多社長)が、日本でのニーズが高いコンパクト分野でセダンの競争も激しくなりそうだ。

販売は右肩上がり

2013年の日本での新車登録台数が2万8676万台と、過去最高を記録したアウディ。実は過去最高を更新したのは7年連続だ。ほかの外国車メーカーはリーマンショックが起こった2008年に販売台数を落としており、アウディの右肩上がりの成長が際立つ。

その秘密は2つある。

一つは、アウディのみを扱う正規ディーラーの店舗数が拡大してきたことだ。かつては同じグループであるフォルクスワーゲンのディーラーで販売されていたが、2000年以降は単独で展開。国内の正規ディーラーの店舗数は現在107に拡大している。

次ページコンパクトカーも投入
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT