アウディが新型「A3セダン」で狙うもの

日本での販売は7年連続で過去最高

8年連続の過去最高更新を達成できるか。

ドイツの高級車メーカー、アウディが新型セダン「A3セダン」を1月14日から発売した。主力車「A3」シリーズ初となるセダンタイプで、アウディが展開するセダンとしては最も小型のものになる。「年々大型化していたセダンで再度コンパクトなものを用意した。日本の道路事情にあった正統派を投入できた」と、アウディ日本法人の大喜多寛社長は自信を見せる。中高年層の国産車からの乗り換えを促したい考えだ。

価格は325万~410万円。ボンネットにアルミニウムを採用するなどして軽量化を図り、気筒休止システムを搭載した1.4リットル直噴ターボエンジンのモデルでは、1リットル当たり20.0キロメートルの燃費を実現した。

販売目標は年間5000台。同じドイツ車の小型セダンでは、メルセデス・ベンツが昨年「CLAクラス」(価格335万~710万円)を新たに投入し、順調な販売を見せている。「(価格など)全然意識はしていない」(大喜多社長)が、日本でのニーズが高いコンパクト分野でセダンの競争も激しくなりそうだ。

販売は右肩上がり

2013年の日本での新車登録台数が2万8676万台と、過去最高を記録したアウディ。実は過去最高を更新したのは7年連続だ。ほかの外国車メーカーはリーマンショックが起こった2008年に販売台数を落としており、アウディの右肩上がりの成長が際立つ。

その秘密は2つある。

一つは、アウディのみを扱う正規ディーラーの店舗数が拡大してきたことだ。かつては同じグループであるフォルクスワーゲンのディーラーで販売されていたが、2000年以降は単独で展開。国内の正規ディーラーの店舗数は現在107に拡大している。

次ページコンパクトカーも投入
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT