1-3月期のGDPは前期比+0.5%、年率で+2.1%

民間最終消費支出は前期比マイナス0.1%

 5月20日、内閣府が発表した2019年1─3月期国内総生産(GDP)は、季節調整済み前期比プラス0.5%、年率プラス2.1%となった。 写真は川崎市で2015年8月に撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 20日 ロイター] - 内閣府が20日発表した1─3月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比 プラス 0.5%、年率換算で プラス2.1%となった。

民間最終消費支出は前期比 マイナス0.1%、民間設備投資は同 マイナス0.3%だった。

ロイターがまとめた民間調査機関の事前予測では、予測中央値は前期比 0.0%、年率 マイナス0.2%だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT