1-3月期のGDPは前期比+0.5%、年率で+2.1% 民間最終消費支出は前期比マイナス0.1%

拡大
縮小
 5月20日、内閣府が発表した2019年1─3月期国内総生産(GDP)は、季節調整済み前期比プラス0.5%、年率プラス2.1%となった。 写真は川崎市で2015年8月に撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 20日 ロイター] - 内閣府が20日発表した1─3月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比 プラス 0.5%、年率換算で プラス2.1%となった。

民間最終消費支出は前期比 マイナス0.1%、民間設備投資は同 マイナス0.3%だった。

ロイターがまとめた民間調査機関の事前予測では、予測中央値は前期比 0.0%、年率 マイナス0.2%だった。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT