1-3月期のGDPは前期比+0.5%、年率で+2.1%

民間最終消費支出は前期比マイナス0.1%

 5月20日、内閣府が発表した2019年1─3月期国内総生産(GDP)は、季節調整済み前期比プラス0.5%、年率プラス2.1%となった。 写真は川崎市で2015年8月に撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 20日 ロイター] - 内閣府が20日発表した1─3月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比 プラス 0.5%、年率換算で プラス2.1%となった。

民間最終消費支出は前期比 マイナス0.1%、民間設備投資は同 マイナス0.3%だった。

ロイターがまとめた民間調査機関の事前予測では、予測中央値は前期比 0.0%、年率 マイナス0.2%だった。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。