1-3月期のGDPは前期比+0.5%、年率で+2.1%

民間最終消費支出は前期比マイナス0.1%

 5月20日、内閣府が発表した2019年1─3月期国内総生産(GDP)は、季節調整済み前期比プラス0.5%、年率プラス2.1%となった。 写真は川崎市で2015年8月に撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 20日 ロイター] - 内閣府が20日発表した1─3月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比 プラス 0.5%、年率換算で プラス2.1%となった。

民間最終消費支出は前期比 マイナス0.1%、民間設備投資は同 マイナス0.3%だった。

ロイターがまとめた民間調査機関の事前予測では、予測中央値は前期比 0.0%、年率 マイナス0.2%だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。