グーグル、アドレス不要のメール送信機能導入

一部団体からプライバシー懸念の声も

1月9日、米インターネット検索大手グーグルは、電子メールを教えていない相手からもユーザーにメールが届くようにする新機能の導入を発表。昨年9月撮影(2014年 ロイター/Stephen Lam)

[サンフランシスコ 9日 ロイター] -米インターネット検索大手グーグルは9日、電子メールを教えていない相手からもユーザーにメールが届くようにする新機能の導入を発表。一部団体からプライバシーを懸念する声が上がっている。

新機能は、同社の電子メールサービス「Gmail」の連絡先リストの対象を広げるもので、既存の電子メールアドレスに加え、交流サイト(SNS)「Google+」のユーザー名も含まれるようになる。このため、相手がGoogle+を使用していれば、知らない人にも電子メールを送信できる。

グーグルは、2年半前にスタートさせたGoogle+を他のサービスと統合させる取り組みを加速しており、Gmailに登録すると自動的にGoogle+のアカウントも供与される。同社は、新機能が両サービスを利用するユーザーが友達とやり取りしやすくなると説明している。

これに対し、非営利団体「電子プライバシー情報センター」のマーク・ローテンバーグ事務局長は、かつてグーグルがGmailと連動させる形で導入した別のSNSサービスと類似しているとして、懸念を示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT