ボルボ「最高速180km/h」が映す安全の本質

技術面に加え、ドライバーの行動も焦点に

ではなぜ時速180キロなのか。200キロ台では高速というイメージが強くなるので、そこに乗せない上限を狙ったのではないかと想像しているが、多くの国での制限速度の数字を考えれば、150キロでもいいのではないかという意見が出るかもしれない。

ケア・キーの形状は基本的に現在のボルボのキーと同等になる予定(筆者撮影)

しかしボルボはそうした意見への答えも用意していた。やはり今年3月の下旬、オーナー自身や家族、または友人のために任意の速度制限を設定することができる「Care Key(ケア・キー)」である。こちらは2021年モデル以降のすべてのボルボ車に標準装備される。

ケア・キーのメリットとは

ケア・キーは車両の制限速度を任意に設定し、情報をキーに記憶させることで、走行速度を抑えるという内容であり、150キロはもちろん120キロにセットすることも可能。安全性のみならず経済的なメリットもあると説明している。

4月に発売された新型V60クロスカントリー(筆者撮影)

そのメリットを拡大すべく、ボルボでは現在いくつかの保険会社に対し、こうした安全機能を使用するユーザーに有利な保険の提供を提案しており、近いうちにスウェーデン国内の保険会社との間で、最初の事例を発表する予定だという。

ケア・キーのメリットについて同社では、10代の若者など運転経験の浅いドライバーを挙げているが、最近の東京・池袋での死亡事故などで再びクローズアップされている高齢ドライバーによる重大事故防止にも貢献するのではないだろうか。

さらにボルボは、学校や病院の周辺での速度を自動的に制限できるかについても調査しており、将来的に実現に移したいとしている。

V60クロスカントリーの2リッター4気筒エンジン(筆者撮影)

ただし同社の高性能にこだわらない姿勢は、今に始まったわけではない。例えばパワートレインは、2014年から日本導入が始まった自社開発エンジンを核とするDrive-E(ドライブ・イー)では2リッター直列4気筒を最大としており、6気筒以上へのこだわりを残すほかのプレミアムブランドと一線を画している。

次ページ不利に立たされるドイツ車
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT