金持ちどんどん増えるサンフランシスコの実態

新興企業IPO続で、1晩で富豪が約1万人増える

ジェイ・シーガンはライブハウスの元オーナーで、今は個人のイベント向けにパフォーマーや音楽家を選び、手配するビジネスを手がけている。これまでもウーバーやエアビーアンドビー、スラック、ポストメイツやリフトをはじめとするIPO予定企業のイベントを請け負ってきたが、今は仕事の増加に備えている。

「IPOの手続きを進めている企業や関係者のために、1件のIPOにつき複数のパーティーが開かれる」とシーガンは言う。こうしたパーティーの予算は1000万ドルを軽く超えることもある。「彼らは一流のセレブを呼んで、重役のディナーテーブルの前でパフォーマンスをさせたがる。バレエのパフォーマーも人気だ」。

ハイテク企業に対する反感も再燃

最近では、テーマを決めて複数のバンドを呼ぶといったコンサートのプロデュースを自分でやりたがるクライアントも増えている。最近手がけたイベントでは、1980年代が好きなテクノロジー企業の重役のためにバングルズやティアーズ・フォー・フィアーズなどを呼んだという。

そしてもちろん、テクノロジー企業に対する反感も再び頭をもたげようとしている。

先ごろミッション地区にあるラジオ・ハバナ・ソーシャル・クラブでは、住宅の権利擁護活動家の集会が開かれた。これまでのところ、活動はありがちな流れで進んでいる。少数の人々の懐に大金が流れ込み、株を持たない大衆が結集し始める。今後は立ち退きに抗議し、開発業者と戦い、税制上の優遇措置に反対する運動を組織し、テクノロジー企業の通勤バスの前で横断幕を広げたりするのだろう。

富豪の増加で「多くの人が立ち退きを迫られることになるだろう」と、サンフランシスコ住宅権利委員会のサラ・シャバーンジマー専務理事は言う。一息置いて彼女はこう言った。「また同じことの繰り返しという感じだ」。

活動家たちは、豆のディップとチーズの皿が並んだテーブルの周りにひしめき合った。

「私たちは以前のバブル期も経験している」と、同委員会の幹部であるマリア・ザムディオは言った。「教訓も学んだ。大量の金が流入するとどうなるかはわかっている。過去には譲歩したが、今年はそのつもりはない」。

(執筆:Nellie Bowles記者、翻訳:村井裕美)
(c) 2019 New York Times News Service

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT