マドリードがブチ上げた「民泊規制」がスゴい

マンション住民からの苦情殺到を受けて

外国人観光客が急増する中、マドリード市はついに……(写真:jjfarquitectos/PIXTA)

外国からの年間訪問者数が8000万人を越えて、世界2位に位置しているスペイン。2012年までは訪問客数は5000万人にとどまっていたが、それ以後訪問客数は増加の一途をたどっている。

こうした中、問題となっているのが、外国人観光客による迷惑行為だ。スペインに手頃な価格で滞在するために、観光客相手の安価なマンスリーマンションを利用している人が多いことがその一因だ。

「地区の質落ちた」住民から苦情が殺到

いわゆる「民泊」だが、マンション所有者にとっては収入につながるほか、観光客需要が高いこともあって不動産業者がマンションそのものを買い取って民泊用のマンションに転換させる例も増えている。とくに外国人観光客の多いマドリードやバルセロナではその傾向が顕著で、これが深刻な「観光公害」につながっているようだ。

とりわけ、外国人が滞在するマンションの住民にとっては深刻な問題だ。スペインには、それぞれのマンションに日本でいう理事会に相当する「住民の会」があり、エレベーターなど共有部の設備投資を住民負担で行っている。こうした住民の会から、「住んでいる地区の質が落ちた」「マンションの騒音がひどい」「共用部の清掃が大変」「玄関やエレベーターの傷みが激しくなった」という苦情が殺到しているという。

マドリード市の調査によると、同市中心街の外国人観光客向けマンションに滞在した人の数は、2012年に1万656人だったのが、2016年には21万6341人と20倍に膨らんでいる。同調査によると、2016年の1人あたりのマンション宿泊料金は1泊27ユーロ(3500円)。中心街のホステルだと1泊80ユーロ程度なので、こうしたマンションがいかに安いかわかる。

こうした中、3月27日付のエル・パイス紙によると、マドリード市内の中心地、プエルタ・デル・ソル周辺のマンションでは、滞在者の半数が外国人観光客になっているという。

次ページそこでマドリード市がブチ上げたすごい案
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。