子どもにクレジットカードを持たす親の言い分

高級レストランで食事をするティーンも

「小学1年生か2年生の子どもたちがカードを使うのに対応したことがあるわ。少し驚かされたけど、彼らがカードを振りかざして友人の母親のカードだとあまりに自信満々に説明するものだから問いただすことはしなかった」とモレリさんは言う。

モレリさんは、カードを持つ子どもが「何かを得るのに何かを差し出さなければならない」と理解していることに注目した。彼らは、クッキーや甘い飲み物と引き換えにカードを提供する準備ができている。しかし、モレリさんはこれに違和感があった。彼らはお金の価値を、自らお金を触って判断することなしに、さまざまな支払いの選択肢を持っているのだ。

ウォーレン・バフェットのアドバイス

お金がどこからきて、どのようにしてカードに入ったかについての明確な関連性はそこにはない。これはミレニアル世代(1980年代から2000年代初頭に生まれた世代)であるモレリさんの価値観とは異なるものだ。

彼女は10歳ぐらいの時に1ドルの価値について父と交わした会話を思い出す。担保とは何かや、クレジットカードの利子の危険性、そして支払いが行われている間、誰が家を所有しているかについて話したこともある。12歳になる前のことだった。

現金やローン、利子などについて理解したうえで、彼女の両親は彼女がベビーシッターや手工芸品の売上から得たお金を預金する銀行口座を開設し、デビットカードを作るのを手伝った。だが、彼女にクレジットカードが与えられることはなかった。

ナードウォーレットが実施したアメリカの家計と負債の調査によると、月をまたぐクレジットカード残高は2018年の終盤に4202.2億ドルに達した。この驚異的な数字を見ると、カードを持つ子どもたちが、さらなる借金を積み上げない理由を思いつかない。

おそらく億万長者の投資家であるウォーレン・バフェット氏がオマハの高校生にしたアドバイスが親たちに励ましになるだろう。「クレジットカードには近づくな。クレジットカードについては単純に忘れるのだ」。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。