「ひと風呂浴びれる」夜行フェリー旅の醍醐味

探せば見つかる、面白い「Jリーグ遠征ルート」

2013年4月7日(日)に実行した。桜の季節であった。歩き始めてほどなくすると「二子山古墳」という案内板が見えた。思わず寄り道する。いわゆる前方後円墳で、満開の桜に囲まれる墳丘を登った。辺りに人けもなく、思いがけない花見を堪能できた。

宝塔山古墳(筆者撮影)

その後も歩を進めていくと、愛宕山古墳、宝塔山古墳、蛇穴山古墳と現れてくるではないか。まったく不勉強だったのだが、この辺りは総社古墳群とのことであった。爽やかな春の気候、遠くまで広がる青空、やがて利根川の向こうに雄大な赤城山を背にしたスタジアムの照明塔が見えてきたとき、歩いてみてよかった、と思った。

このように地図を見ることは重要だ。栃木SC戦、宇都宮まで面白い行き方はないかと考えた結果、真岡鉄道と組み合わせたことがある。SL観光列車を1994年に始めた真岡鉄道は、大井川鉄道や秩父鉄道とともに蒸気機関車を運転する代表的な鉄道会社である。

探せば面白い経路が見つかる

2013年3月17日(日)、早朝に家を出て常磐線、水戸線と乗り継ぎ、下館からSLもおか号を楽しんで、益子で下車した。益子から宇都宮までは路線バスがあるのだ(当時は東野バス、現在は関東自動車)。当初は宇都宮駅まで行って、栃木県グリーンスタジアム行きのシャトルバスに乗るつもりでいたが、車内で地図を眺めていると、途中のバス停から徒歩でスタジアムまで行けることに気がついた。

幸い晴天であった。西中台というバス停が近づき降車ボタンを押した。料金を払いながら、運転士に「ここから(スタジアムのある)清原工業団地は近いですよね」というと、「え? かなり遠いと思いますが……」と怪訝な顔をされた。3km弱なので確かにそうなのかもしれないけれど、さしたる距離ではない。

まだ肌寒い時期ではあったが、散歩するにはちょうどよく、途中の清原中央公園などを眺めながら、無事グリーンスタジアムに到着したのだった。

以上、直接目的地に行く経路だけでなく、関西の人ならどう遠征するだろうかと考えてもいいし、近場であっても路線バスはないだろうか、歩ける区間はないだろうか、というところに目を向けてみると面白い経路は見つかる。また、今回寄ることができなかったけど次回は行ってみよう、と気になるところを見つけると同じ目的地であっても楽しみは増える。

応援するチームが勝つことがいちばんうれしいけれど、こんなふうに考えると、いっそう遠征に出かけていきたくなる。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。