打倒サムスン!中国スマホの雄・小米の野望

2014年の販売目標は、前年比2倍以上の4000万台

1月2日、中国の低価格スマホメーカー、小米科技の雷軍董事長は、2014年は2013年の2倍以上の4000万台を販売する計画を明らかにした。北京で2012年8月撮影(2013年 ロイター/Jason Lee)

[北京 2日 ロイター] -中国の低価格スマホメーカー、小米科技(Xiaomi)の雷軍董事長は2日、2014年は2013年の2倍以上の4000万台を販売する計画を明らかにした。

会社のウェブサイトに掲載されたミニブログで、雷董事長は「われわれは、2014年に少なくとも4000万台供給すると再度約束する」と述べた。

雷董事長によると、2013年の販売台数は1870万台と前年比160%増。売上高(税金含む)は150%増の316億元(52億2000万ドル)だった。

中国スマホ市場は、韓国サムスン電子<005930.KS>が首位を維持しているが、Xiaomiの端末も人気化している。Xiaomiの価格は130─410ドルで、アップルのiPhone(アイフォーン)5Cの最も安いモデル(740ドル)や、サムスンのギャラクシーノートIIの同モデル(570ドル)をはるかに下回る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。