打倒サムスン!中国スマホの雄・小米の野望

2014年の販売目標は、前年比2倍以上の4000万台

1月2日、中国の低価格スマホメーカー、小米科技の雷軍董事長は、2014年は2013年の2倍以上の4000万台を販売する計画を明らかにした。北京で2012年8月撮影(2013年 ロイター/Jason Lee)

[北京 2日 ロイター] -中国の低価格スマホメーカー、小米科技(Xiaomi)の雷軍董事長は2日、2014年は2013年の2倍以上の4000万台を販売する計画を明らかにした。

会社のウェブサイトに掲載されたミニブログで、雷董事長は「われわれは、2014年に少なくとも4000万台供給すると再度約束する」と述べた。

雷董事長によると、2013年の販売台数は1870万台と前年比160%増。売上高(税金含む)は150%増の316億元(52億2000万ドル)だった。

中国スマホ市場は、韓国サムスン電子<005930.KS>が首位を維持しているが、Xiaomiの端末も人気化している。Xiaomiの価格は130─410ドルで、アップルのiPhone(アイフォーン)5Cの最も安いモデル(740ドル)や、サムスンのギャラクシーノートIIの同モデル(570ドル)をはるかに下回る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT