25歳以下で結成する新政党「0党」の野望 新春U20対談 日本を変える10代(後編)

✎ 1〜 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 最新
拡大
縮小

Tehu:ボクは25歳になっている。

青木:オレは26歳。議員になってるかもしれない(笑)。

Tehu:ボクはオリンピックにガッツリかかわっているはず。その後はまったく決めてない。海外に行ってるかもしれない。

青木:日本にいるのはオリンピックまでなんだ?

Tehu:それまでは絶対にいる。なぜなら、たぶん人生に1回しかないから。2020年のオリンピックを1964年の再来と思っている人が多いけど、コンセプトが今回はまったく違うんですよ。1964年は戦後、復活の象徴。高度経済成長期で「日本、すげえ」と全世界に言わせることだった。2020年は延命治療中。「これからも日本、がんばりますので!」って全世界に先進国の貫録を見せることでしょ。

青木:日本はホント、延命治療中ですよ(笑)。

Tehu:その国際的な見せ場を、なぜあと10年しか生きられないようなジジ、ババに任せているのか。オレらにやらせろ!というのがある。クリエーターでいうと、やっぱり30代後半のあそこらへんの人たちが中心になればいいと思っていますけど、ボクはぶっちゃけ、その世代も古いと思ってるから。

青木:うんうん。

Tehu:すごい仲いいし、尊敬していますよ。ただ、彼らの表現手法や思考回路自体が、言ってしまえば20年前か30年前に学んだものだから、当然古いわけです。で、次はボクらですよ。

ボクらだって2020年を逃すと、25歳を逃すと、たぶん古くなっちゃうからね。いまのうちにやっておかないと。

青木:いま、やれることはやって、次の世代に黙って引き継いでいくと。

Tehu:そう。いい大人になりたいからね。

──最後に、2014年の抱負を一言ずつ、お願いします。

Tehu:ボクは本業をまずはしっかりやりたい。やっと東京に出てこられるし、今年は純粋にモノづくりをしますよ。たぶん4つか5つぐらい作品をつくって、いろんな有名アーティストとのコラボレーションの仕事も3、4件きそうなので、それをやりたいですね。

青木:オレは20歳になるし、エンジン全開でいきます。まず「0党」を立ち上げて、政治に対するオピニオンを出しながら、若者の代弁者になれればなと。日本初となる政治活動家として、自分の立ち位置をしっかり築いていきたいです。

とにかく2014年は、オレたちの年にしますよ!

Tehu:いや、絶対になるから!

──自信家の10代に期待しています(笑)。ありがとうございました。

かたい握手をかわす2人。

(司会・構成・撮影:上田真緒)

Tehu 慶応義塾大学1年生・デジタルクリエーター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

てふ / Tehu

1995年、神戸市生まれ。灘中学校、灘高校を経て現在、慶応義塾大学1年生。中学生の時にプログラミングに興味を持ち、2009年にiPhoneアプリ「健康計算機」を公開。ダウンロード数が無料アプリで世界第3位となり、話題となる。以後、「放射能計算機」、劇団ひとり監修の「僕の余生。」などのアプリ制作を続ける。2010年からUstreamで「Tehuのオールナイトニホン」を放送開始。米アップルの新製品記者発表を同時通訳する番組を定期的に放送し、人気を集める。2013年、グーグル日本法人元会長の村上憲郎氏との共著『スーパーIT高校生“Tehu”と考える 創造力のつくり方』(角川書店)を発売。現在、クリエーターとして多くの企業のプロジェクトに参加するほか、講演や雑誌連載など多岐にわたって活動している。中国籍で本名は張 惺(ちょう・さとる)。日本語、英語、中国語を操る。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT