人質18人立てこもりテロ起こした凶悪犯の正体

2014年12月シドニーで発生した銃撃戦の悲劇

窓際に立たされた人質の1人、エリー(写真:フジテレビ)

「ジャーナリストが現場に駆けつけるのは、数分後、数時間後、時には数日後です。何かが起きる前からその場にいて、すべてを目撃することは極めてまれです。あのとき、なぜ私があの場にいたのかは、今でも理解できません。でも、私は“そこにいた”のです」

そう語るのは、オーストラリアの大手テレビ局、チャンネル7の名物ニュースリポーター、クリス・リーズン(53)。世界各地のニュースの現場に駆けつける彼は、アメリカ同時多発テロ事件や東日本大震災でも現場からリポートをしてきた。そんな彼の30年に及ぶ経験の中でも、この事件は最も深く胸に刻まれていると言う。クリスは、規制線の中からの報道を許された「唯一のジャーナリスト」だったのだ。

2014年12月15日。クリスが半年間の長期休暇を終えて、久しぶりに出勤した朝、通りでコーヒーを買っていたときに事件は起きた……。

穏やかな朝のカフェが一転、事件発生

オーストラリア最大の都市、シドニー中心部にあるリンツカフェは、クリスマスを目前にして、開店直後から賑わいを見せていた。

午前9時40分、突然、立ち上がったのは、黒い野球帽を被った男。少し前から店長のトリイ・ジョンソン(34)を呼び出し話し込んでいた男だった。

「全員、その場から動くな。ここにいる人間はすべて人質だ。自分の言う通りにすれば危害は加えない。シドニーの町は今、私たちの攻撃下にある」

肩に下げたバッグから取り出したのは、銃身を短く改造したショットガン。背中に背負ったリュックサックの膨らみ、隙間からのぞくケーブルは「自爆装置付きの爆弾だ」と叫んだ。「オーストラリア初のテロリストによる立てこもり事件」が発生した瞬間だった。

銃を掲げる男は、従業員に店の出入り口の鍵をかけさせた。そのとき、店内にいたのは、10人の客と8人の店員。合わせて18人が人質となる立てこもり事件の幕が上がった……。

『目撃!超逆転スクープ3 〜戦慄の凶悪犯vs決死の救出作戦〜』(4月13日(土)夜9時~フジテレビで放送)では大都市の中心部で実際に起きた前代未聞の事件をシリーズ特番の第3弾としてお届けする。

次ページカフェの向かいはテレビ局 戦慄の生中継スタート
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。