人質18人立てこもりテロ起こした凶悪犯の正体

2014年12月シドニーで発生した銃撃戦の悲劇

ニュースリポーターのクリス・リーズン。『目撃!超逆転スクープ3 〜戦慄の凶悪犯vs決死の救出作戦〜』は4月13日(土)夜9時~フジテレビで放送(写真:フジテレビ)

ニュースリポーターのクリス・リーズンは、すぐに街の異変を感じ取った。慌ててテレビ局に駆け戻り、カメラマンと一緒に飛び出した。

リンツカフェは、チャンネル7の目の前だ。そして、カメラは衝撃の光景を捉える。

通りに面した4つの窓。そこには両手を上げ、恐怖でブルブルと震える人質たちがずらりと並んでいた。銃を手にした男の姿も見える。

すぐに警察が駆けつけ、クリスたちテレビクルーを押し返す。カフェには、それ以上、近づくことができなかった。

ガラス張りのテレビ局の中から、目と鼻の先にあるカフェの模様が伝えられる。

「生中継で速報をお伝えしています。街の中心で武装した警察官がカフェを取り囲んでいます。中には人質がいます」

現場からわずか30mの場所で、クリスは衝撃の事件の一部始終を伝えることになる……。

市内の3カ所に爆弾 犯人の要求

犯人の男は、店長のトリイにメモを渡した。トリイによる実際の通報音声が残されている。「目の前に立っている男からのメッセージを読んでいます。街の3カ所に爆弾がある。警察は近づくな。近づくと仲間が爆発させる……」。

犯人は複数のグループであり、シドニー市内の観光名所と目抜き通りに爆弾を仕掛けてあると言う。そして3カ所目は、男の背中にあった。

そして、男は2つの要求をしていた。1つ目は、「イスラム国」の旗を用意すること。2つ目は「首相とのラジオ生討論」だった。

男の犯行声明は、嫌でも人々に1年前の「ボストンマラソン爆弾テロ事件」を思い起こさせた。都市を狙った爆弾テロ。オーストラリアが経験したことのない恐怖だった。

犯人は人質たちに携帯電話をテーブルの上に置くように指示。しかし、人質の中には、指示に従ったふりをして隠し持つ者。犯人の目を盗んで携帯電話を取り戻す者がいた。事件発生当時、店内には多くの客がおり、従業員はそろいの服装をしていたことから、犯人は人質の人数を正しく把握することができなかった。

人質たちはトイレに行く際など、犯人の目を盗み、外部との接触を試みる。人質たちは命の危機を感じていた……「人質になっている。すごく怖い。みんなを愛している」(店長)。

警察の特殊部隊が出動し、周囲を取り囲むと、いら立つ犯人は人質に電話をかけさせる。

「今にも誰かを撃ちそうです。お願いだから警察にカフェから離れるように言ってください。急いでください。2分も経てば殺されます」

次ページ人質からのメッセージ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT