iPhoneの「通知」を必要なものだけに整理する技

オフではなく「目立たない形に変更」もできる

また、「通知の管理」の画面で「設定」を選ぶと、アプリごとの通知の設定画面に飛ぶことができる。「目立たない形で配信」や「オフ」を選ぶと、一括で設定が変更されてしまうが、例えばバッジだけはつくようにしたいということもある。少々手間はかかるが、このような場合は、手動で設定を変更してもいいだろう。

3.アプリを開かず通知センターだけで操作する

アプリの実装次第になってしまうが、先に挙げたように通知を押し込む(機種によっては長押し)と、そのアプリに応じたメニューが表示されるケースがある。例えば、Gmailだと「ゴミ箱」や「返信」、Facebookのメッセンジャーだと「返信」や「いいね」「ミュート」などが、選択肢として現れる。カレンダーでは、「再通知」というメニューが表示された。

Gmailは「ゴミ箱」や「返信」ボタンが表示される。通知中の電話番号をタップすると、そのまま電話の発信もできて便利(筆者撮影)

アプリごとに機能が異なるため、一概には言えないが、このメニューを覚えておくと、操作が効率的になる。

例えば筆者の場合、不要だと思ったメルマガがGmailに届いた場合、アプリを開かず、通知からそのまま「ゴミ箱」をタップしている。アプリを開いてメールの本文を表示させたあと、ゴミ箱ボタンをタップするよりも、手数が少なく、不要なメールをサクサク消していくことができて便利だ。

また、メッセンジャーで続いていたコミュニケーションをいったん終了させたいときには、通知で中身を確認して「いいね」を送っている。

さらに、アプリによっては、詳細な中身が表示される通知もある。本稿でも挙げたスクリーンタイムの通知がその例で、通知を押し込むと、時間帯ごとのグラフや、アプリごとの利用回数が表示され、情報を見るだけなら、スクリーンタイムを設定から開く必要すらないほどだ。

逆に、アプリによっては、通知を押し込んでもメニューが表示されないことも。また、筆者にとってはカレンダーの「再通知」も、使いどころがあまりない機能の1つで、タップした経験がない。

役に立つかどうかはアプリ次第といったところだが、隠れメニューのような形になっているため、存在に気づいていない人もいるだろう。まずは、どのアプリの通知に、どんなメニューが表示されるのかを確認してみることをオススメしたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。