週刊ジャンプ復刻版にハマれない45歳男の本音

40代に「ウケる企画」と「ウケない企画」の大差

団塊ジュニア世代が、かつて夢中になって読んだ『週刊少年ジャンプ』の「復刻版 週刊少年ジャンプ」。写真は「パック3」(筆者撮影)

今の時代のエンタメコンテンツは、結局は「おっさんホイホイ」が手堅いのだろう。何しろ人口の多い団塊ジュニア中心の、30代後半から50代を意識した「リメイク」「アナザーストーリー」的なものがヒットしている。映画『ボヘミアン・ラプソディ』もそうした世代の心に刺さる偉人の人生を描き、3月に興行収入125億円を突破した。

流行する「団塊ジュニア世代向け」

私のような団塊ジュニア世代にあたる45歳男と同世代の間で話題になる漫画は、『キン肉マン』や『魁!!男塾』の続編や、「島耕作」シリーズのスピンオフ作品だ。CMがガンガン放送されているスマホゲームにしても、『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』『ロマンシング サガ』の派生作品など、もともとはわれわれ世代が熱中したゲームばかり。

アニメにも同様の傾向が見られる。2018年5月にNHKが放送した「全ガンダム投票40th」では、作品部門の1位はいわゆる「ファースト」となった。『ガンダム』は今でもアニメ放送が続いているにもかかわらず、オッサン世代では「ファースト」とその次の「Z」ぐらいしか観たことがないという人も案外多い。

だからこそ、「ザクとうふ」(2012年)が発売されたり、日清のカップヌードルのおまけにファーストガンダムのフィギュア(2011年)が付いたり、昨年の有馬記念のPRにファーストガンダムとコラボした「有馬戦士ガンダム」という企画が生まれたりしたのだろう。

どうも、われわれ世代が「大人買い」をできる年齢になったところに、エンタメ業界や関連業界が懸けているように思えてならない。そして、2017年の週刊少年ジャンプ50周年のときはまさにドンピシャの企画が来た。それは「復刻版 週刊少年ジャンプ」である。

1968年1号(創刊号)と、1995年新年3・4合併号(最大部数号)が「パック1」で833円、発売時の価格は合わせて300円だった。「パック2」は『ジョジョの奇妙な冒険』が連載開始した1987年新年1・2号と、『ONE PIECE』の連載開始号である1997年34号(同833円、380円)。

そして、「パック3」は『北斗の拳』の登場人物・ラオウが死ぬ「第一部」の完結号となる1986年26号と『DRAGON BALL』の人気順位最大得票号となった1991年21・22合併号だ(同833円、370円)。

次ページ復刻版が「残念な出来」だった理由
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。