週刊ジャンプ復刻版にハマれない45歳男の本音

40代に「ウケる企画」と「ウケない企画」の大差

「ケッ、この頭の固いオッサンが!」と思うのもよい。だが、こうした硬直的な考えを持ったオッサンこそ、好きなジャンルについては、金と時間を惜しまない傾向にあるのも事実だ(ちなみに後にジャンプ編集部も反省をしたのか、味をしめたのかは知らないが、2018年からは『キン肉マン』や『ドラゴンボール』『CITY HUNTER』など作品ごとのベストシーンだけを集めたムック本を出版している)。

「オッサンの影響力」は侮れない

実際、こうしたオッサンの影響力は侮れない。5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)を含め、ネット上では同世代と思われる人々によるオッサンホイホイ的な書き込みが多数存在するし、話題になることも多く、企業のプロモーションに生かされるケースも多い。

ここ数年、筆者が特に注目しているのは『北斗の拳』にまつわる書き込みだ。

今年1月に引退を発表した横綱・稀勢の里は「わが相撲人生に一切の悔いなし」と引退会見で語ったが、このときは「ラオウかよ」と散々ネットに書き込まれたうえ、ニュースとしても取り上げられた。『北斗の拳』関連の話題はネットでは拡散する傾向があるので、企業のマーケティングに活用してもいいかもしれない。

2013年、2ちゃんねるまとめサイト「痛いニュース」には、「【画像】 朝日新聞朝刊の『北斗の拳30周年記念全面広告』がヤバすぎると話題に」というスレッドがまとめられた。これは、朝日新聞の両面広告がヤバすぎ、ということを表したものなのだが、この広告の作り手はよくネットのオッサンの気持ちをよくわかっていた。

大ヒット作の30周年記念広告といえば、ケンシロウやラオウ、レイ、トキ、ユリア、リン、バット、ファルコ、シン、サウザーといった主要キャラを出す発想になるだろう。だが、この広告はひたすら名もなきザコキャラを前面に出した。しかも、全員が野卑た笑いを浮かべ「エラそうに新聞なんて読みやがって!!!」というコピーまである。

登場したのはそれこそ「汚物は消毒だー男」やら、「牙一族の下っ端」「獄長ウイグルの子分」「おまえのようなババアがいるか!!の男」などだ。

こうしたキャラが勢ぞろいしただけなのに、ネットで嫌われがちな朝日新聞が高く評価された。さらに「確かにこれは企画勝ちだな。ここでケンシロウを持ってくることしか思いつかない広告マンは三流。ラオウを持ってくるやつは二流」や「朝日嫌いだがこの広告は面白い」といったコメントまで書かれた。

このように中高年は趣味が固定化するものであり、若き日々に読んだコンテンツに対する異常なるロイヤルティーを示すものである。「進歩がねぇなぁ」と言うもよし。だが、これで十分幸せなのである。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。