福岡からブラジルを伝える元ヤンキーの生き様

ウェブ版に移行したサンパウロ新聞の73年

発行回数を減らすことも検討したものの、採算が合わず、やむなく紙面廃刊を決めました。現在は、社長と元記者などの有志で記事を作り、ウェブを通じて情報を発信しています。

日本語新聞などの情報が、彼らの大きな楽しみの一つ

――苦渋のご決断だったんですね。1946年の創刊当時、ブラジルではどんな存在だったのでしょうか。

立ち上げのきっかけは、第二次世界大戦です。戦前までは、現地のニュースを伝える日本語新聞がいくつかありました。ところが、第二次世界大戦でブラジルが連合国についたため、日本は敵国になり、日本語の本や新聞の発行が禁止されてしまった。当時の日本語新聞は、全て廃刊です。

しかし、当時の日本人移民のほとんどは、ポルトガル語の新聞が読めない。インターネットのある今とは違い、簡単に情報が入ってこない時代。戦争の結果すら分からず、ポルトガル語のニュースを読んで負けたと主張する「負け組」と、日本が勝ったことを信じる「勝ち組」の間で争いが起き、20人ほどの日本人が亡くなる事件も起きました。

そんななか、創業者・水本光任(みずもと・みつと)さんが「正しい情報を伝えないといけない」という思いから、日本語を禁止していたブラジル政府と交渉し、サンパウロ新聞を立ち上げたんです。

ちなみに、僕が初めて南米に行った1997年頃は、まだNHKなどの日本のテレビが見られない状況。日本語新聞などの情報が、彼らの大きな楽しみの一つでした。

――どのように記事を制作していたのでしょうか。

購読者の年齢が高いことを考慮して、相撲や野球、健康に関する記事も取り上げてきた(写真:news HACK by Yahoo!ニュース)

日本語の面が中心ですが、ポルトガル語の面もあり、紙面は合計8ページ。平日の週5日発行していました。

サンパウロ新聞の記者が独自記事を作るのは、1ページ分です。ブラジルのニュースは、現地紙「オ・エスタード・デ・サンパウロ」や週刊誌「veja(ヴェジャ)」などの記事を翻訳。日本のニュースは、提携している毎日新聞や時事通信から選び、政治からスポーツまで幅広く掲載していました。

ブラジル国土は日本の23.5倍と広大なため、現地在住の日本人記者5〜6名でブラジルの各都市に支局を作っていました。福岡支局は、日本国内でブラジルにまつわる出来事を取材しています。僕自身も2年に一回はブラジルに滞在し、取材しています。

次ページどの記者も一度はナイフかピストルで襲われている!?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ヤマダと組んで赤字脱出なるか<br>崖っぷち大塚家具 “最後”の闘い

昨年末に大塚家具を子会社化したヤマダ電機の大型店で、提携の具体策となる家電と家具のセット販売が始まりました。ただ、ヤマダの業績も振るわず、大塚は自社を立て直す“パーツ”にすぎません。大塚家具ブランドの存在意義さえ危うく、今後1年が正念場です。