セブン&アイ、イオンが参入 電子マネー乱戦

セブン&アイ、イオンが参入 電子マネー乱戦

エディやスイカなどの登場で、身近な存在となった電子マネー。そこへ流通業界の2強、セブンとイオンが相次いで参入する。あくまで自前にこだわった両社の勝算とは。(『週刊東洋経済』4月28日号・5月5日号)

 東京・四谷のセブン&アイ・ホールディングス本社。4月に入り秘書らは経営幹部の日程調整に追われた。独自の電子マネー「nanaco(ナナコ)」のサービス開始に合わせ、鈴木敏文会長はじめ幹部らが一堂に会す、過去に例がないセレモニーを開催するためだった。

 そのセレモニー開催日の4月23日からセブン&アイはナナコのサービスを開始。東京都内のセブン‐イレブン1500店から導入し、5月末には1万店を超えるセブン全店で利用が可能になる。4日後の27日には、イオンも独自の電子マネー「WAON(ワオン)」のサービスを始動させる。関東(一部新潟県)のジャスコ、ミニストップなどグループ約100店に導入し、8月までに関西、仙台、その後名古屋など大都市圏のサービスを急ピッチで広げる。

 電子マネーは、先行するビットワレット(ソニーなどが出資)の「エディ」や、JR東日本の「スイカ」などを中心に、すでに乱戦状態にある(次ページ表参照)。

 流通2強による電子マネー市場乗り入れは、事実上の最後発だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。