ソフトバンク、米Tモバイル買収を協議か

孫CEOが銀行と接触、米ブルームバーグ報道

12月20日、ブルームバーグが関係筋の話として報じたところによると、米スプリントは2014年にTモバイルUSの過半数株式を取得することを視野に入れており、ソフトバンクの孫正義最高経営責任者(CEO)は資金を手当てするためにみずほ銀行など少なくとも5行と協議を行った。7月撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[20日 ロイター] -ブルームバーグが関係筋の話として報じたところによると、米スプリントは2014年にTモバイルUSの過半数株式を取得することを視野に入れており、ソフトバンク<9984.T>の孫正義最高経営責任者(CEO)は資金を手当てするためにみずほ銀行など少なくとも5行と協議を行った。

孫CEOは約200億ドルの調達を目指しており、みずほの他にクレディスイス、米ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、ドイツ銀行 の幹部と接触したという。

ブルームバーグによると、レイン・グループがTモバイル株式買収をめぐる助言役を務めている。

スプリント、Tモバイル、ソフトバンクのいずれからもコメントは得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT