強敵?JR東海「テキサス新幹線」に新たな挑戦者

ヴァージンUSA、親会社はソフトバンク

アメリカの鉄道は貨物輸送が主体で、旅客列車の運行は都市部や一部の大陸横断列車などに限られる。鉄道各社は1960年代以降、航空機や高速道路網の発展に伴って相次いで旅客列車を廃止し、1971年に全米の旅客列車運行はアムトラック(全米鉄道旅客公社)に統合された。その後も一部私鉄が都市間旅客列車の運行を続けたが、1983年に廃止された。民間による旅客列車運行への参入は約30年ぶりだった。

FIGは2014年に新たな鉄道会社を設立し、翌年、その会社をブライトラインと名付ける。そして、2018年5月にマイアミ―ウェストパームビーチ間が開業した。現在はウェストパームビーチ―オーランド間の新線建設工事が行われており、2021年に延伸開業する予定となっている。その後はタンパへの延伸が構想されている。

車両についてはシーメンス製の機関車「チャージャー」が導入された。マイアミ―ウェストパームビーチ間の最高時速は160kmに制限されているが、将来的に延伸後は最高時速が200kmに引き上げられる予定だ。

ラスベガス高速鉄道にも着目

さらにブライトラインは別の路線にも目を付けた。ロサンゼルス近郊のビクタービルとラスベガスを結ぶ高速鉄道計画である。

もともと、アメリカ・エクスプレスウエスト社が中国との合弁で計画を進めていたが、同社は中国側のずさんな計画を理由に、2016年に合弁契約を破棄。その後、ブライトラインが同社を買収すると発表した。計画では2019年内に買収を完了させ、2023~2024年ごろに開業させるという予定になっている。ビクタービルからロサンゼルスまで延伸する構想もある。

英国を走るヴァージントレインズの列車(記者撮影)

2018年11月、ブライトラインは英国のヴァージングループと戦略的提携を結んだ。

ヴァージンは英国で「ヴァージントレインズ」を設立して鉄道事業も展開。ロンドンと英国北西部の主要都市を結ぶ大動脈を運行している。

次ページ「車では遠いが飛行機では近すぎる」区間に着目
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?