日産がロシアで「ダットサン」を販売するワケ

2014年4月、120万円前後で発表へ

12月17日、日産自動車は、来年4月にロシアで「ダットサン」ブランドの復活版を発表する。写真は同社のロゴ。横浜市で11月撮影(2013年 ロイター/Yuya Shino)

[モスクワ 17日 ロイター] -日産自動車<7201.T>は、来年4月にロシアで「ダットサン」ブランドの復活版を発表する。40万ルーブル(1万2100ドル)を下回る価格設定で、初めて自動車を購入する若年層の取り込みを狙う。

日産は1981年にダットサンブランドを廃止したが、インドネシアやインド、ロシア、南アフリカなど新興国向けに復活させる方針を昨年明らかにした。

ロシアのダットサン担当ディレクター、ジェローム・セゴ氏は記者会見で、「(ロシアでは)中古車市場の有力な代替となることを目指す」と述べた。

また、販売見通しは明らかにされていないが、今年のロシア中古車販売台数はおよそ600万台になるとの見方を示した。

ロシアは中間所得層の拡大や既存車両の老朽化など、今後の自動車販売を下支えする要因がそろっているが、景気の減速を背景に今年の新車販売台数は6%減少するとみられている。調査会社オートスタットは17日、2014年の新車販売についても5%減るとの予想を明らかにした。

だがセゴ氏は、低価格車には販売増加の余地があるとみている。ロシアの新車市場の中で40万ルーブル以下の車は現在およそ70万台と、全体の約4分の1を占めているが、2017年までに90万台に伸びると予想されている。

セゴ氏はこれについて「日産として提供できる製品を持たない大きなセグメントだ」とし、「何もしないのはリスクだ」と語った。

ダットサンは、ルノー・日産連合が2014年半ばまでに経営権を掌握することを計画しているアフトワズのトリアッティ工場で生産する。

セゴ氏によると、納入開始は来年8月から9月を予定している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT