「ボンネット型」特急は今も斬新なデザインだ

高速電車の元祖、「鼻」の中には何がある?

特急「とき」として活躍する181系。ヘッドマークは「とき」「朱鷺」「TOKI」と3つの表示がある(筆者撮影)

「こだま形」はその後も増え、1962年には上野―新潟間の特急「とき」用として派生形の161系が登場。1965年には151系・161系の性能・仕様を統一し181系となった。

走り始めたころの181系「とき」は運転台の左右にバックミラーが付いており独特のスタイルをしていた。ボンネット先端に掲げられたヘッドマークは「とき・朱鷺・TOKI」の3つの表記が目を引いた。181系は「とき」以外に「あずさ」や「あさま」にも使用された。

特急「雷鳥」の481系ボンネット車(筆者撮影)

北陸・九州の鉄道が交流で電化されると、これらの地区にもボンネット型特急が走り始めた。交流・直流の両方に対応した481系だ。1964年、電化されたばかりの北陸線に「雷鳥」(大阪―金沢・富山)、「しらさぎ」(名古屋―金沢)が登場すると、筆者は北陸路で初めて見る「こだま形」に感激して、安物カメラに白黒フィルムで撮影したものだった。

ちょっと「異色」の車両も

1965年には東北本線が盛岡まで電化されたのに伴い、東北方面用として交流50Hz対応の483系が投入され、それまで気動車だった上野―仙台間の特急「ひばり」が電車による運転となり、さらに増発も行われた。さらに1968年からは、交流50Hz・60Hzと直流に対応し、国鉄の電化区間すべてを走れる485系が誕生した。

1972年には、急勾配区間である信越本線横川―軽井沢間で、後押しするEF63形電気機関車と協調運転できる489系もボンネット型で登場し、特急「白山」などに使われた。

スカート(前面下部)を赤く塗装したクハ481形。交流60Hzの九州から関東地方に転属し、常磐線の特急「ひたち」に使用されている姿だ(筆者撮影)
側面に小窓が並ぶクロ481形を先頭に走る「あいづ」(筆者撮影)

この時代、鉄道ファンの間で「赤スカートボンネット」と呼ばれ珍重された車両があった。前面のスカート部分を赤く塗装したクハ481形で、これは交流60Hz区間限定編成を表していた。主に九州で活躍したが、のちに関東地方に転属して常磐線の特急「ひたち」に使用され、ファンを喜ばせた。

もう1つ異色なボンネット型車両としては、481系のクロ481形がある。「ロ」はグリーン車を表し、つまり先頭車がグリーン車という豪華仕様。側面の窓が普通車と比べると小さい外観が特徴で、東北特急の「ひばり」と共通運用の「あいづ」に使われ、九州では「みどり」「にちりん」の一部で使われた。

次ページボンネット特急に似合うヘッドマークは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT