若桜鉄道の社長はなぜ「船会社」に転職したか

秘策は「忍者高速船」を使ったキャンペーン

―― そういうことは、外からやってきた人でないとできないのですか。

地域にすっかり染まっていると、地域の特徴や魅力が日常になってしまい、見えないことはある。また、地方の人はとかく都会と同じことをやりたがる傾向があるが、便利さでは勝てるわけがない。外から見て「いいな」と思えるものを、商品として気づかせるのは中の人にはやりづらいだろう。

若桜鉄道時代はピンク色のSLが大きな話題に(写真:よっちゃん/PIXTA)

しかし、それ以上に「栓を抜く」という作業は外の人でないと難しい。閉ざされた人間関係の中では、一度失敗をすると、3代、4代先まで言われてしまうということが現にある。それでは、何か新しいことに挑戦したい人は、地域の外でやるしかない。その点、よそ者はそういうことが恐くないから、「やってみよう」と言える。

―― もう一つの活性策は?

人口減少への対処だ。若桜鉄道沿線では仕事を求めて人口が流出していたが、実はその7割は大都市ではなくすぐ近くの鳥取市内に移っていた。それなら、鳥取に通いやすく運行を改善すれば、引っ越さなくて済むではないか。

若桜鉄道は郡家(こうげ)駅でJR西日本の因美(いんび)線と接続しているが、その半分は直通運転で鳥取に出られる。しかし運行間隔が約2時間に1本しかなく、単線だからそれ以上の増便は無理だった。それなら交換施設(列車がすれ違える場所)を設ければいい。

利用が減っている路線で、そのような新たな設備投資はおかしいとも言われたが、人口の流出を防ぐためなので便利にしなければ先がない。これで1時間に1本の運行が可能になる。

鳥取へのアクセスは路線バスもある。ところが、鉄道とバスが別々に運行しているため、ほぼ同時刻に出発して、その後どちらも来ないということが起きていた。それなら交互に発車するようにすれば、30分に1本の割合で交通の足が確保できる。

このような鉄道とバスの協調運行をやろうとすると、それまで国土交通省が「独占禁止法に抵触する」として反対してきたが、「自治体が入ればOK」ということでクリアできた。

バスと鉄道で運賃が異なるが定期券の共通化も提言し、平均30分に1本は列車かバスで鳥取まで行けるようになると、生まれ育った土地を離れて鳥取市街に住む理由は1つ解消される。それが、地域のためにある鉄道の姿だと思う。

次ページ私の役割は「けものみち」をつくること
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT