ホンダ「スーパーカブC125」乗ればわかる進化

シリーズ60周年を超えたロングセラーモデル

ビジュアル面でも圧倒的に存在感を見せているのが新採用のキャストホイールだ。今回採用のデザインはスーパースポーツモデルや高級車にも採用されている10本スポークで、ハブからは5本のスポークが出ながら途中からY字デザインで最終的に10本となる。

スーパーカブシリーズの中での125㏄エンジンの動力性能であれば街中での走行も安定性が高かったC125と筆者(撮影:尾形文繁)

また、ホイールハブ付近の中空仕上げはホンダCBR1000RR/SPなどにも採用されるハイスペックホイールと同等の技術で作られたうえに、美しく切削された表面には丁寧なクリアー塗装まで施されているから驚きだ。

今回のキャストホイールの採用でチューブレスタイヤになったこともお伝えしておこう。つまり、スーパーカブC125は人々の「役に立つもの」という基本コンセプトはそのままに、現代のニーズに合わせ技術面での進化とともに、パーソナルユースとしての側面をも更なる高みを目指したモデルと言えよう。

課題点もあるが、走る本質を感じたバイクだ

ただ、気になった点もいくつかある。

ホンダは幅広い世代へのバイク訴求を行うものの、例えば右フロントブレーキレバーはいまだにレバー位置の調整もなく、指の長さでブレーキレバーへの入力が変わってくることを許容していない。

右折時のコーナリングもスムーズだったスーパーカブ C125と筆者(撮影:尾形文繁)

4輪車では常識のABSシステムも国内モデルでは採用見送りとなっている。左右のハンドルスイッチはスイッチハウジングと同色のスイッチボタンが見にくく、デザインが優先していると感じてしまう。

また、このオートマチックミッションだからこそ可能性があるアイドリングストップ機能も、現代のニーズとしては必要だろう。今回の販売価格が税込み39万9600円というところで、ホンダとしては”大台”には乗せたくないのが実情かもしれないが……。

結果的に、このC125を走らせて思うことは、本質的なバイクの楽しさとはいったいどこにあるのか?を改めて考えるきっかけになったことだ。排気量に頼らず、車格に頼らず、装備に頼らずとも、人が自然に思うがままに操れる。そこにこそ、バイクの本質的な楽しさがあり、だからこそ、多くの人にビジネスユースでもでプライベートでも愛し続けられたのではないか。生産60年を超えてもなお、進化し続ける工業製品を前にして改めて日本技術のすばらしさを感じずにはいられない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。