12月中国貿易統計、輸出入とも予想外の減少

2019年の中国経済は一段と減速する可能性

 1月14日、12月の中国貿易統計では、輸出が2年ぶりの大幅な落ち込みを記録し、輸入も減少。ともに予想外のマイナスで、中国経済が2019年に一段と減速し、世界的な需要が低下する可能性を示す内容となった。昨年12月、中国の山東省・青島の港で撮影(2019年 ロイター)

[北京 14日 ロイター] - 中国税関総署が発表した12月の貿易統計では、輸出が2年ぶりの大幅な落ち込みを記録し、輸入も減少した。ともに予想外のマイナスで、中国経済が2019年に一段と減速し、世界的な需要が低下する可能性を示す内容となった。

対米貿易黒字は過去最大に

12月の輸出は前年同月比4.4%減。主要市場のほとんどで需要が鈍化した。

輸入は前年比7.6%減と2016年7月以降最大の落ち込みとなった。

キャピタル・エコノミクスは、リサーチノートで「世界経済が鈍化し、米関税による影響が強まるなか、輸出の伸びは予想以上に落ち込んだ。輸入も内需の冷え込みを受けて大幅に減少した。今後数四半期も輸出、輸入ともに弱い状況が続く見込みだ」と指摘。

「政策緩和で国内の経済活動が今年下半期までに底を打つ可能性は低く、輸入の伸びは引き続き抑制される」との見方を示した。

2018年の対米貿易黒字は前年比17.2%増の3233億2000万ドルで、税関総署のデータに基づくロイターの算出では2006年以降で最大。米中の貿易摩擦を巡り、トランプ大統領から一段と圧力が強まりそうだ。

次ページ輸入の落ち込みは需要見通しの弱さ示す
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。