日本の大学の医学部教育は何が問題なのか?

医療介護の一体改革に立ちはだかる大きな壁

偏差値偏重など医学部での教育が、日本の医療提供体制に陰を落としている(写真:cba / PIXTA)

2018年7月に成立した「医療法・医師法改正」。国会に提出された法案の文書を項目ごとに仕切るために挟まれている「仕切り紙」には、サーモンピンクの紙が使われていた。

その理由として、この法案には、サーモン(鮭)が強く関わっているらしい。

Homecoming Salmon仮説

この法律は、医師の偏在問題を扱う厚生労働省の「医師需給分科会」が議論してきた内容をまとめたものである。医師需給分科会では、homecoming salmon 仮説――鮭は生まれた母なる川に回帰するという鮭の母川回帰仮説――が、幾度となく話題になっていた。

医師需給分科会に提出されていた資料より​
「地方への医師の定着に関する研究(ノルウェーの例)」
●ノルウェーの地方都市であるトロムソ(北部ノルウェー)に位置するトロムソ大学の医学部卒業生について、出身地等を調査し、卒業後の北部ノルウェーへの定着率を評価。
●北部ノルウェー出身者の北部ノルウェーへの定着率は、1979~1983 年の卒業生は82.9%、1984~1988 年の卒業生は82.5% であるのに対し、南部ノルウェー出身者の北部ノルウェーへの定着率は、33.7~42.9% であった。
●本研究は、地方で教育された地方出身の医学生は、卒業後、地元に定着する確率が高いことを示している(homecoming salmon 仮説)。
2018年7月に成立した「医療法・医師法改正」法案の文書にはサーモンピンクの「仕切り紙」が使われていた。

WHO(世界保健機関)による遠隔地・地方での医療従事者確保のためのガイドラインでも、homecoming salmon 仮説に符号して、地方出身の学生を対象とした入学者の受け入れが強く推奨されている。

医療法・医師法改正では、医師偏在問題の長期的施策として、医学部の入学者の受け入れ時に、(その地域出身の)地元枠を用いることが前面に打ち出されている。そこには、homecoming salmon仮説が影響していることは明らかであり、法案を作成していた関係者たちが、思いを込めて法案の仕切り紙にサーモンピンク色の紙を用いたという話は、うなずけるものがある。

次ページ地域枠制度の調査でわかったこと
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。